和書紹介
〒152-0023 東京都目黒区八雲2-22-16
?03(3717)9568(代表)/FAX03(3724)6477
Copyright 2005 Washo Joho Service. All rights reserved.
新刊
魚類編
鳥類編
動物編
昆虫編
植物編
製薬・医学編
専門用語辞典
図鑑
魚類・写真・図鑑
(代理店在庫中)
動物・写真・図鑑
熱帯魚淡水
(代理店在庫中)
超伝導材料・腐食
アクア雑誌
注文書
(オンライン)
注文(メール)
Information
相互リンク集
在庫調査
ID:16401
パスワード:wakobook
学会一覧・協賛
会社概要

ご意見はこちらへ


動物学関係の新刊案内


 注文書は  お問い合わせは


1 Cognitive Development in Chimpanzees. \13,990
by T. Matsuzawa. 576p. 2006.
チンパンジーの認知発達
目次:チンパンジーの認知発達の序論、行動と物理的な基礎、コミュニケーションと母子関係、 社会的認知: イミテーションとその他の理解、概念的な認識力ー、道具と文化
進化論の見解から、チンパンジーを理解していると、人間性の基礎を理解することができます。方法は提供されます。 チンパンジーの認知発達に関するこの本は自然な設定の中でその母親によって育てられた幼児に焦点を合わせています。チンパンジー認識力とその発達の変化を冷笑しています。この本の対象は、西アフリカに生息する三代のチンパンジーです。 これらのグループの中で顔認証や、概念形成や、物の操作や、ツール製造や使用などの現象、意志決定、学習、コミュニケーション、自己認識、意図性、心、協力、詐欺、利他主義、および相互関係が報告されています。

2 Handbook of Milks of Non-Bovine Mammals. by Y. W. Park. 432p.2006 \26,230
牛以外の哺乳動物の乳ハンドブック
産乳量では牛に遠く及ばないが、ヤギや羊など生乳を生産するマイナーな哺乳動物の役割も世界中で人の生存と安寧に重要である。地方別のこのような生乳生産の傾向と方法を述べ、乳の成分、滋養、治療、物理化学、微生物特性を記述。またこれらマイナー種の乳の加工品の種別、加工技術、分布消費を記述。

3 Standards of Mouse Model Phenotyping. \26,400
by M. H. de Angelis. 358p. May 2006.
マウスのモデル表現型基準
実験用マウスの特性付けの包括的で標準的な方法を提供。病気のモデルとしてのマウスを簡単に記述し、遺伝子と蛋白質の機能を分析。最新の表現型手法を用いたマウスモデルの特性付けを様々な領域から行い、簡潔明快に説明したマウス遺伝学の標記分野では初の書。

4 Stereotypic Animal Behaviour : Fundamentals and \16,000
Applications to Welfare.2nd ed. by G. Mason, J. Rushen. 336p. 2006
動物の常同行動:基本的と福祉へのアプリケーション
異常なふるまいパターンを農場、動物園、研究、およびコンパニオン・アニマルの多くの数百万かごに入れられたマウスのジャンプと宙返りから同封の'大型のネコ科動物'のペースまで表示します。 次の章と30人以上の貢献者を含んでいて、この本はこれらの環境で誘発された陳腐なふるまいの原因と処理、および脳の機能の動物福祉と正常のためのそれらの含意に焦点を合わせます。
Part1:normal Animal, Abnormal Environment?/Part 2: Stereotypies as Pathologies/Part 3: Treating Stereotypies. Abnormal behaviour patterns, from the jumping and somersaulting of caged laboratory mice to the pacing of enclosed 'big cats', are displayed by many millions of farm, zoo, research and companion animals. Including new chapters and over 30 contributors, this book focuses on the causation and treatment of these environment-induced stereotypic behaviours, and their implications for animal welfare and normalcy of brain functioning.

5 Animals, Ethics and Trade: The Challenge of Animal Sentience. \19,200
by J. Turner. 288p. June 2006.
動物、倫理、および貿易: 動物知覚力の挑戦。
最初のセクションは動物の意識、感情、および知能で科学的で倫理的な見解について論じます。 後のセクションは科学、法、農耕、食糧生産、貿易、開発や教育などの人間の活動が、どう動物の知覚力と繁栄に関係するか、そして、私たちの政策、習慣および思考の変化の為の選択を記述。

6 Asian Elephants. Past, present, and future by D. Swain. 226p. 2004. \8,630
アジア象:過去、現在および将来
インドには現在約5万頭の象が生息している。現地調査の結果に基づき、象の生物学、行動、社会的組織、個体群構成、食物と採食習慣、移動、捕獲、馴化、経済性のほか、保護叙事詩、芸術、彫刻、文学等の対象となる諸局面を包括し、詳細な情報をまとめた。参考文献、イラスト、地図を添え、保護や管理についても実用的に示唆。

7 Advances in the Biology of Shrews II \6,310
トガリネズミのバイオロジーの進歩
by Joseph F. Merritt. 468p.2005
The collection of 39 papers presented in this volume provides a clear demonstration of the diversity of research into soricid biology currently being undertaken and summarizes our state of knowledge in the various topic areas. The volume is a product of the International Colloquium on the Biology of the Soricidae II that was convened on 14-18 October 2002 at the Powdermill Biological Station of the Carnegie Museum of Natural History

8 Dog and Its Genome. Cold Spring Harbor Monograph Series 44. \21,600
by E. A. Ostrander. 584p. 2006.
イヌとそのゲノム:イヌの種々の血統のゲノムは基本的に同じでも、イヌの大きさ、形状、行動に大差を示す。血統、血統特性と個体遺伝学、イヌの起源、イヌのゲノム、病変ゲノムの作図、遺伝子ファミリー、癌、遺伝治療法、行動、mtDNA研究等をテーマに25章に分けて専門家が記述。複雑な人間の病気解明にイヌのモデルは貴重な手段になる。

9 Primates in Perspective. by C. J.Campbell.736p. 2006  (H)\12,800 (p)\8,470
霊長類研究論文集
霊長類、バランスよさ以来1987に霊長類動物学の包括的な概観を提供する最初の編集されたボリュームです。今日の分野の59人の指導的研究者による44のオリジナルの随筆が霊長類動物学の主要な領域のすべての広範囲の、そして、現代の適用範囲を提供します。
Primates in Perspective is the first edited volume to offer a comprehensive overview of primatology since 1987. Forty-four original essays--by fifty-nine leading researchers in the field today--provide wide-ranging and contemporary coverage of all of the major areas of primatology.

10 Encyclopedia of Cryptozoology: A Global Guide to Hidden Animals \15,200
and Their Pursuers. by Michael Newton.576p.2006
未確認動物学の百科事典:隠された動物と彼らの追跡者へのグローバルなガイド

11 Echidna. by M. Augee 144p. January 2006. \6,300
Extraordinary Egg-laying Mammals: Australian Natural History Series
ハリモグラ: 産卵する異例の哺乳動物と副題したオーストラリア自然史シリーズ。
1億年前から地球上を歩いていた生きた化石と言われる標記動物の生活様式と適応を述べ、進化、解剖学、感覚、生殖、行動、生息地、新陳代謝、保護および餌投与管理を論述した最新書。

12 Feeding in Domestic Vertebrates from Structure to Behaviour. \22,500
by V. Bels. 400p. June 2006.
家畜脊椎動物の構造から行動まで飼育
脊椎動物の家畜化は彼らの自然環境における、動物の必要性に基づいています。 したがって、人間の歴史の中で家畜化の成功は主に動物を飼育する知識によります。 本書の目的は、家畜哺乳類と家禽を飼育する現在の知識のレビューを上級の学生と研究者に提供することです。反芻動物、家禽、およびブタだけではなく、馬、ウサギ、およびダチョウまで広範囲に渡ります。
目次:家禽の飼育構造、家禽の飼育、行動とそのメカニズム、哺乳動物の個体発生、哺乳類の咀嚼と歯、顎、および筋肉、家畜の飼育と繁栄、鶏のえさの選択とやり方、家禽の食物制限とその繁栄、豚の飼育行動、ウサギの飼育行動、草食家畜の飼料、反芻動物の咀嚼行動、放し飼いの家禽と豚、結論

13 Large Herbivore Ecology, Ecosystem Dynamics and (H)\22,500 (P)\11,400
Conservation. Sereies: Conservation Biology (No.11) by K.Danell. 407p. 2006.
大型草食動物の生態学、生態系動態学および保護
保護生物学シリーズ?11に相当する近刊学術書。

14 Lust. by M. Eigen. 136p. March 2006. \2,900
性欲: 人間の欲望の最も基本を成す性欲は、人間の行動や文化に決定的に関わる。心理学史、宗教、文学を洞察して欲望を直視する問題の書。性欲が人の日常生活にどのように発現するかを示し、未だにタブー視される生殖と死の究極的解決に不可避の性欲を総括的に記述。積極的で同時に破壊的な性欲の例を現代や歴史から例示し、示唆的結論を導く。

15 Modern Biogeochemistry. Environmental Risk Assessment. 2nd ed. \29,900
by V. N. Bashkin. 400p. 2006.
現代の生物地球化学:環境リスクアセスメント.第2版
PART 1. BIOGEOCHEMICAL CYCLING AND POLLUTANTS EXPOSURE/1. ASSESSMENT OF ECOSYSTEMS RISKS /PART 2. NATURAL BIOGEOCHEMICAL PECULIARITIES OF EXPOSURE ASSESSMENT/PART 3. EXPOSURE ASSESSMENT IN TECHNOGENIC BIOGEOCHEMICAL PROVINCES/ PART 4. ENVIRONMENTAL RISK ASSESSMENT ON A REGIONAL SCALE

16 Progress in Molecular and Subcellular Biology. Vol.42. \23,990
by N. Fusetani. 262p. 2006.
分子および細胞下レベルの生物学における進歩 第42巻
有毒要素を含む防汚塗料を無害化して、有毒化合物を確認のうえ長期に有効な防汚剤の生産を目的に、逆にバクテリアから無脊椎動物までの海生生物や植物がコミュニケーションのために化学物質をどう利用し、どう自己防衛を図るかを論究。さらに天然の防汚資源について生態学的機能や特性付けを研究。図59枚(カラー14枚を含む)を添付。

17 RNA World. 3rd ed. \21,600
Cold Spring Harbor Monograph Series. No.43. by R. F. Gesteland. 768p. 2006.
RNAの世界 第3版
細胞中のRNA活性に関する研究でこの分子の果たす種々の新しい役割が発見された。その劇的な理解に基づく改訂版では、RNAの起源と原初RNA、機能性RNAの構築、旧RNA世界の存在(リガーゼとリボソーム)、最近のRNA界におけるRNAの多彩な役割、DNAに勝るRNA、新しく出現した手法に6大別して関連テーマ26件を説述。

18 Sailing with Noah. Stories from the World of Zoos (H)\67,900 (P)\3,390
by J. P. Bonner. 312p. April 2006.
ノアとの航海:動物世界からの物語
今日の世界の動物園の実態と役割は何か、今後どうなるか、とりわけ何故動物園を作るのか、誰がどう作るのか等、従来見過ごされてきた根本的な問題と刺激的な論点を含み、偶然に世界各地の動物園と関わるようになた人類学者の著者が読み易い文章で物語風に読者を誘い込む待望の書。カラー図20枚、白黒図11枚、参考分文献、索引付き。

19 Sea Lions of the World. by A. Trites. Spring 2006. \9,000
世界のシーライオン
2004年9月、アンカレッジで開催された標記に関するシンポジウム報告。これらアシカ科の個体群(アラスカトドを含む)は何故変動するか、ある個体群が衰退し、別の個体群が隆盛する種間の比較、シーライオンの数量増減と漁業活動との関連性の有無等を洞察し、寄生虫、汚染物質、栄養、子の生存、冬眠、糧食漁り等を論考。

20 Story of Asia’s Lions. by Divyabhanusinh. 259p. 2005. \8,000
アジアのライオン物語
かつてパレスチナからインド東部まで広域を闊歩したライオンは、現在インドのGir国立公園と保護区に約330頭が生息するのみ。絶滅に瀕するアジアのライオンをどう保護するかの関心を喚起するため、太古から現在までの経過状況を語り、衰退の過程と過去数百年間の個体群動態学の監視結果を明らかにする。イラストとカラー地図を含む。

21 Toxicology of Reptiles. by S. C. Gardner. 328p. 2005. \23,640
爬虫類の毒物学
序論、爬虫類個体群の現状に及ぼす総体的脅威、組織残留物の利用、汚染への爬虫類の暴露とその作用評価、肝臓、腎臓、副腎の毒物学、成長と生殖への影響、神経毒物学と行動効果、免疫毒物学と爬虫類の健康との関わり、遺伝毒物学、個体群に及ぼす汚染物質の作用等最新の研究成果を纏め、爬虫類への潜在的リスクの理解を増進する学術書。

鳥類学編
22 OIE/FAO International Scientific Conference on \37,400
Avian Influenza. International Conference, Paris, April 2005: Proceedings.
by A.Schudel. 278p. 2006 :Development s in Biologicals. Vol. 124
鳥インフルエンザのOIE/FAOの国際科学会議議事録2005年4月
鳥インフルエンザの盛んに論じられる問題にかかわる人はだれにとっても、不可欠です。
Discussed were new scientific discoveries in the domain of avian influenza (AI), with special emphasis on the highly pathogenic avian influenza (HPAI).
It provides important up-to-date information on the virology, epidemiology and molecular biology as well as the history of episodes of avian influenza in different parts of the world and their consequences.
The publication aims at making recommendations to compare and improve the international procedures and standards related to the identification, prevention, control and elimination of AI epizootics as they are a threat to the livelihood of farmers, especially in developing countries, to public health as well as to national economies.

23 Coming Plague-Everything You Need to Know About Avian Flu. \2,700
by Colum Murphy. 128p. 2006
鳥インフルエンザ対策:現在の病気と過去の世界的流行病の間には、ドットを接続する非常に小さい統合報告がありました。 この本は過去の世界的流行病を調べます、鳥インフルエンザの原因、潜在的健康、経済の、そして、政治上の影響、政策立案者のための含意と同様に危険を地方的に、そしてグローバルに緩和するために採られている方法。
There has been very little integrated reporting that connects the dots between the current disease and past pandemics. This book examines past pandemics, the causes of avian flu, its potential health, economic and political impact, the steps that are being taken to mitigate risk as well as the implications for policymakers both regionally and globally.

24 Handbook of Avian Hybrids of the World \14,320
Eugene M. McCarthy. 598p. 2006
世界の鳥のハイブリッドのハンドブック
With more than 5,000 works cited, Handbook of Avian Hybrids of the World is the greatest compendium of information ever published on hybridization in birds. Worldwide in scope, it provides information on all reported avian crosses, not only those occurring in captivity, but also in a natural setting (approximately 4,000 crosses are covered). This book is a basic reference, intended both for the serious birder and the professional biologist. McCarthy's work fills a need for reference material that takes into account the last half century of data.

25 Birds of Malawi: An Atlas and Handbook. \10,500
by F. Dowsett-Lemaire. 556p. April 2006.
マラウイの鳥:ハンドブック図鑑
ユーラシア大陸からの渡り鳥約100種を含むマラウイの鳥650種が対象。序論で植生と主要生息地、生物地理学、保護と鳥類探査史を述べ、約700件の文献に裏打ちされた現地調査に基づき、渡り鳥を除く全鳥種の分布、生態、現状、移動、保護、繁殖季節、分類を記述。生息地等のカラー写真を16ページにわたって掲げ、鮮明な図を添える。

26 Birds of Taman Negara. An Illustrated Guide and Checklist. \2,700
by M. Strange. 120p. 2006.
Taman Negaraの鳥: イラスト入りのガイドとチェックリスト
現地で撮影したカラー写真を添えて鳥98種を記述。また、380種の鳥に関する注釈付きチェックリストをまとめた新しい案内書。

27 Birds of the Carolinas. 2nd Ed. (H)\5,940 (P)\4,250
by E. F. Potter. 416p. April 2006.
米国南北カロライナ州の鳥 第2版:1900年以後標記2州で見られるすべての鳥460種に
ついて巣作りや飼育環境を含めて記述した改訂版。旧版以後発見された59新種を含み、鳥の現状と分類変更などの調査成果を採り込み、有用な情報とカラー写真350枚で識別を支援。用語集、参考文献、索引付きガイドブック。

28 Birdwatcher’s Guide to Italy. by L. Ruggieri. 303p. 2005 \6,250
イタリアのバードウオッチャー用ガイドブック
サルジニア島とシシリー島を含む全イタリアのラナーハヤブサ、イナバヒタキ、カベバシリ、シラガホオジロ等119種の分布、現状、生息地の最新情報を簡潔に紹介。重要なウオッチングサイト100箇所を取り上げ、最適な時期と時間、交通手段、現地の地図、鳥種リストを掲げ、併せてこれらのサイト付近の別の40箇所を簡単に紹介した案内書。

29 Birds of Chile and the Adjacent Regions of Argentina, 古書\40,000
Bolivia and Peru. by A. W. Johnson. 398p. 1967.
チリの鳥
チリだけでなく周辺国のアルゼンチン、ボリビア、ペルーを含む地方の鳥を全2冊と補足編によって記述。カラー図104枚のほか多数の白黒写真や図を添える。表紙に多少汚れがあり、縁がやや摩損し、背が擦り切れているが、全体的には極めて良好。1965年、1967年および1972年に刊行。

30 Curassows and Related Birds. by J. Delacour. 476p. 2nd ed.2004. \13,800
ホウカンチョウ科の鳥とその類縁種
1973年に刊行された有名な古典的な書を全面的に改訂。新版ではヒメシャクケイ、ホウカンチョウ、シャクケイを含む中南米の代表的な標記鳥科の鳥の旧版以後の重要な新発見事項を加え、自然史と保護状態に力点を置いてオリジナルイラストと素晴らしい新図譜を整備。座右に置きたい参考書。 

31 Ecology and Conservation of Steppe-land Birds. \5,000
by G. Bota. 343p.
ステップの鳥の生態と保護
ステップにはどんな鳥が棲み、何故世界中で最も脅威に曝され、どんな保護策を要するかを生物、農業、経済、政治、社会の諸局面から学際的に論じた重い主題の書。ステップの鳥の生息地保存に責任を負う専門家や組織団体にこの特殊な鳥グループを超えて環境保全の必要を訴える重要な案内書。

32 Guide to the Birds of the Southeastern States. Florida, \4,240
Georgia, Alabama, and Mississippi. by . J. H. Rappole. 336p. 2006.
米国南東諸州の鳥ガイドブック
フロリダ、ジョージア、アラバマおよびミシシッピーの諸州全域の鳥に関する唯一の案内書。多彩な地勢や環境のバードウオッチングサイト190箇所以上を紹介し、外来種を含む386種の鳥について周辺の気候、生理学、生息地の情報と併せて記述。カラー写真420枚、地図379枚を添え同定の手掛りと最適観鳥地を案内。

33 Handbook on Indian Wetland Birds and Their Conservation. \12,400
by A. Kumar. 468p. 2005.
インドの湿地の鳥とその保護に関するハンドブック
インドの湿地の水鳥、渉禽、海鳥および湿地に棲んで巣作りし、繁殖するその他の鳥(カワセミ、猛禽類、スズメ目)合計310種を対象にした初の参考書。種毎に詳細な診断、鳴声、生息地、習性、個体群、行動、分布、状況を述べ、湿地の社会・経済学や特別保護区、国立公園、主な鳥地域のリスト、図譜1葉、カラーイラスト、地図等多数を含む。

34 Important Bird Areas in India. Priority Sites for Conservation. \21,140
by M. Zafar-ul Islam. 1133p. 2005.
インドの鳥の重要地域: 鳥類保護の優先箇所と副題し、
王室鳥類保護協会などの支援を受けて刊行された書。インドの鳥とその生息地、保護および特別保護区について記述。カラーイラスト、多数の図版、参考文献目録、索引を整備。

35 Important Bird Areas in Zambia. Priority Sites for Conservation. \7,200
by P. Leonard. 218p. 2005.
ザンビアにおける鳥の重要地域(IVA)
鳥類保護の優先箇所と副題し、IVAに基づく鳥の保護戦略の発展に資する書。序論でザンビアの生物多様性と保護を概説した後、国立公園18箇所を含む合計42箇所を記述し、それぞれの箇所の説明と其処に棲む鳥や動植物情報を詳報。また、訪問者向けに地図、チェックリスト、アクセス、健康、安全交通、キャンピング施設等の情報も案内。

36 Rails of the World. A Monograph of the Family Rallidea 古書\40,000
by S. D. Ripley. 432p. 1977.
世界のクイナ科
世界のクイナ科129種に関する研究の決定版。化石種についても1章を設ける。カラー図譜41葉、その他図、地図、写真を含む。背の一部に汚れあり。著者からDean Amadon宛のサインおよび後者からPaul Cutright とMichaele Brodhead宛のサイン入り。1977年刊行。

37 RSPB Handbook of British Birds. 2nd edition. \3,000
by P. Holden. 304p. August 2006.
イギリスの鳥のRSPBハンドブック。 第2版
これはベストセラータイトルの改訂されアップデートされた版です。 このユニークなガイドは300ものイギリスの鳥の「伝記」です。分野識別をします。高く賞賛された鳥の識別のハンドブックからのイラストを使用し、すべての一般的な羽毛の形成するのを示しています。 また、テキストは種に関する生物学を、飼育することでの個体数、状態、寿命、およびいかなる他のおもしろい事実も色分けしています。

38 Shorebirds of Australia. Their Biology and Conservation. \7,990
by A. Geering. 216p. June 2006.
オーストラリアの海岸・河口の鳥:その生物学と保護
渉禽の分布と同定を中心に分類、行動および生物学に関する情報をまとめ、保護について述べる。長距離を移動し、他の地方にいる方が長いので記載情報は他の地方にも有用。50種以上を図示。沿岸の保護や土地の有効利用にも資する最新書。 

39 Where to Watch Birds in Spain. The 100 Best Sites. \5,980
by J. A. Montero. 362p. 2006.
スペイン最良のバードウオッチングサイト100箇所
山岳、森林、草地、農耕地、ステップ、川土手、峡谷、湿地沿岸、都市地域等100箇所を対象として、スペインの鳥類学者200人以上の協力を得て各サイトの自然的特徴や鳥の重要性に関する最新情報を纏め、写真と細密地図を添える。バードウオッチングのための実用的な情報と鳥の要点も併せて示す。

ここから和書紹介

40生物物理学ハンドブック 予約中 予定価\29,400
早大 石渡信一・遺伝研 桂 勲・東大 桐野 豊・名大 美宅成樹編:ISBN4-254-17122-6            
多彩な生物にも,それを司る分子と法則がある:生物と生命現象を物理的手法で解説する総合事典〔内容〕生物物理学の問うもの/蛋白質(構造と物性/相互作用)/核酸と遺伝情報系/脂質二重層・モデル膜/細胞(構造/エネルギー/膜動輸送/情報)/神経生物物理(イオンチャネル/シナプス伝達/感覚系と運動系/脳高次機能)/生体運動(分子モーター/筋収縮/細胞運動)/光生物学(光エネルギー/情報伝達)/構造生物物理・計算生物物理/生物物理化学/概念・アプローチ・方法

41生物工学ハンドブック \29,400
日本生物工学会 編866頁2005 4-339-06734-2
持続発展可能な循環型社会を築き上げていくうえで,生物工学の果たす役割は非常に大きい。本書は,学生から実務者・研究者までが,多岐にわたる生物工学分野について幅広い知識を得られるよう,豊富な図とデータを用いて解説した

42絶滅哺乳類図鑑: 絶滅した哺乳類たちは素晴らしい個性を持っていた \12,600
冨田 幸光 (著), 伊藤 丙雄, 岡本 泰子4621049437:222p.2002
約6500年前、それまでひっそりと生きていた哺乳類は急激に多様化し、その数を増やしていった。今はもう見ることの出来ない哺乳類たちの復元イラスト約230種類を掲載。 哺乳類とは/哺乳類の祖先/中生代の哺乳類と単孔類/新生代の哺乳類/有袋類/食虫性の真獣類/霊長初期の大型草食哺乳類/肉食性の真獣類/ネズミ類とウサギ類/海の哺乳類/空中への適応/奇蹄類/偶蹄類/ゾウのなかまとその近縁有蹄類/南アメリカ特有の哺乳類

43絶滅危機生物の世界地図 \2,750
リチャード マッケイ (著), Richard Mackay (原著), 武田 正倫 (翻訳), 川田 伸一郎 (翻訳)
128p. 2005 4621076434
鮮やかな写真や世界地図と共に、地球上の絶滅危惧生物の分布やそれを取り巻く状況を解説。単に危惧種を取り上げるだけではなく、生物多様性のもろさや品種改良された家畜の運命、貴重な動植物の輸出入の実態についても、IUCNレッドデータなどを元に分かりやすく解説されています。 各種のデータや資料と、テーマごとに色分けされた世界地図を通して、地球上の絶滅危惧生物やそれを取り巻く状況が一目で分かります。解説文を読めば、人間が生態系に与えた影響や国際的な保護への取組み等をより深く知ることができます。各国の絶滅危惧種の種数や保護区に指定されている場所のデータも収録。 環境問題や絶滅危惧種に関して調べたい人にとって必携の書であることは勿論、イラストや美しい写真がふんだんにあり、見るだけでも楽しめる一冊。

44ドメスティック・キャット ―その行動の生物額― (翻訳書) \7,140
編者:D.C.Turner/P.Bateson
監修:森 裕司:翻訳:武部正美/加隈良枝: 344p. 2006
本書は、ペットとして大切にされている猫から野生の捕食者としての猫まで、すべての猫を扱い、さまざまな状況や環境で猫がどのように生き、行動しているかを紹介している。作り話と事実をはっきりと区別してイエネコの謎を解く、ペット愛好家と動物行動学や獣医学の専門家の両方にとって猫の真実を理解する助けとなる猫の行動学書決定版。
子猫の発達/猫における行動の発達/母猫と子猫の関係に影響を及ぼす要因/イエネコの個性:その起源と発達ならびに安定性/社会生活/イエネコとその近縁野生種が使うさまざまなシグナル/イエネコの群居性:イエネコの社会生物学と疫学/イエネコとその他のネコ科動物における生息密度と空間構成ならびに繁殖戦術/捕食行動/イエネコの狩猟行動と獲物となる動物個体群への影響/猫の家畜化と歴史/人と猫の関係/猫の福祉に関する問題/猫に関する疑問あれこれ.

45セオリーで読む小動物の実践的画像診断術 \9,950
著者:前田貞俊. 152p. DVD付き約40分4-88500-648-1
豊富なX線・超音波画像を掲載した、実際的かつ論理的な画像診断解説書! 本書の特徴は、パターンの暗記ではなく理論に基づいて画像を解釈するところにあり、その説明のために豊富なX線・超音波画像を掲載。獣医師が日常的に経験する症例を中心に、臨床に携わりながら画像診断学を系統的かつ論理的に学ぶことができる、小動物臨床に携わるすべての人必携の書。

46わかりやすい:養豚場実用ハンドブック \5,040
監修:伊東正吾.240p.4-88500-019-X
月刊「養豚界」にて好評連載中の『ようこそ!豚作り一年生』に、写真やコラムを加え単行本化! 養豚の基礎知識から養豚場での具体的な仕事の流れとマネージメントをわかりやすく解説。生産現場における疑問に即応できるとともに知識を深められ、何よりも愛すべき豚のことと、養豚産業の概要が理解できる。
研修教育のテキストとして、実務に従事する全ての養豚家のマニュアルとして、またこれから養豚業を目指す方の入門書として、幅広く活用できる一冊。

47トイ・プードルのベドリントン風カットとフェイスのバリエーション DVD \5,040
ハッピー*トリマー:セミナーシリーズ Vol.5:講師:神保奈美 938396-01-7約80分
トイ・プードルのベドリントン・テリア風のカットを実演。基本の手順から作業をスピードアップさせるコツなど、サロンで役立つテクニックを紹介。モデル犬に合わせたスタイルのアレンジ方法のほか、スタイル作りのヒントとなるカットバリエーションをパネルを使って丁寧に解説!

48 シー・ズーのペット・カットとフェイスのバリエーション \5,040
「ハッピー*トリマー」セミナーシリーズ Vol.4: DVD 約100分
講師:神保奈美:4-938396-02-5 :人気の犬種、シー・ズーのペットカットを実演。スタイル作りの基本から失敗しやすいポイントまで、わかりやすく解説。また、お客さまの要望をスタイルに反映させるために必要なコミュニケーション術など、サロンで役立つ話も盛りだくさん。サマーカットへのアレンジ法のエクストラ映像つき!

49生物多様性保全と環境政策―先進国の政策と事例に学ぶ \5,250
畠山 武道 (著), 柿澤 宏昭 著: 421p. 2006 4832966316
アメリカ、フランス、スウェーデン、フィンランド、ニュージーランドを取り上げ、各国法制度から計画策定プロセスまで、現在進行しつつある自然保護・自然資源管理の転換過程とその具体的内容を総合的に把握する。1 総論―先進国における自然資源管理政策の動向と課題/2 エコシステムマネジメントの進展と課題―アメリカ合衆国における多様な取り組み/3 EU自然保護政策とナチュラ2000―生態域保護指令の実施過程におけるEUとフランス/4 スウェーデンにおける総合的環境法制の形成―歴史と現状/5 北欧における生物多様性保全と農業・林業/6 地方分権・新自由主義のもとでの総合的資源管理―ニュージーランドにおける資源管理制度の現状と課題

50動物由来感染症―その診断と対策 \7,980
神山 恒夫 (著), 山田 章雄 (著)4880036943:275p.2003
本書は、時代的背景を認識し、動物由来感染症対策を推し進めるうえで、医学領域と獣医学領域との緊密な連携をバックアップできるものにしようという意図で企画された。
動物由来感染症はヒトの間でのみ流行する感染症と比較すると、生態系との関わりが深く、
生態系への理解が重要である。したがって、総論(「動物由来感染症の宿主、伝播、および対策」)の部分に多くのページを割いたことが本書の特徴である。個々の感染症についても、できるだけ重要な知見をコンパクトにまとめた。動物由来感染症の宿主、伝播、および対策(人獣共通カンセンショウト動物由来感染症/動物由来感染症の宿主病原体の伝播/新興動物由来感染症 ほか)/動物由来感染症の疫学、臨床症状、および診断と治療(ウイルス感染症リケッチア/クラミジア感染症/細菌感染症/真菌感染症 ほか

51これからの両棲類学 \4,830
松井 正文 (編集)4785358394:316p.2005
現生の両棲類は,尾と四肢を留めた有尾(サンショウウオ)目,四肢を失った無足(アシナシイモリ)目,尾のない無尾(カエル)目の3群からなり,日本には有尾目22種,無尾目38種(と5亜種)が生息する.その約80%が日本だけに見られる
固有種である.本書は,21世紀の両棲類研究の礎となるべく,進展する両棲類研究の中で,とくに生態と行動,遺伝と系統,保全と飼育を中心に,第一線の研究者が研究の現状と将来展望を紹介する.第1編 両棲類学の現状(両棲類学と日本の現状)/第2編 両棲類の生態と行動(両棲類の生態研究―両棲類の繁殖移動を例として/第3編 両棲類の遺伝と系統(カエルの遺伝学研究)/第4編 両棲類の保全と飼育(両棲類の保全両棲類と環境汚染第5編 両棲類学の将来に向けて

52コウモリ識別ハンドブック 在庫中 \1,260
68p.2005.コウモリの会
コウモリの姿を見せるだけではなく、どこに注意すれば種ごとの識別が可能になるのか、識別用のチェックポイントを詳細に解説した。この本があれば、いろいろな場所で見かけたコウモリの名前を自分で調べることができる。また、一般にはなかなか見ることができない、顔のクローズアップ、洞窟のなかの群れ、軽やかな飛翔姿など、写真も充実。
日本産コウモリ類チェックリスト・コウモリ類の捕獲について/和名・学名索引/

53 CD Books 日本野鳥大鑑―鳴き声420 CD books \14,700
蒲谷 鶴彦 (著), 松田 道生 (著)4094800735:447p. 2001
野鳥379種、外来種41種、計420種、590を超える鳥の声を収録した決定版。
日本の野鳥420種(亜種と外来種を含む)の鳴き声を収録。最大規模・最良質の鳴き声図鑑です。
旧『日本野鳥大図鑑 鳴き声333』全2巻のCD6枚と2冊の本をひとつに合わせ、さらに80数種を増補して全1巻にまとめました。ウグイス、コマドリ、オオルリ3名鳥の鳴き声をはじめ、奥山にさえずる小鳥たち、潮騒に鳴く渡り鳥など、すべて自然の中で録音した美しい音声です。トキやコウノトリなどの絶滅危惧種、ハシグロヒタキ、ダルマエナガ、オオトラツグミなどの珍鳥、迷鳥、希少種も最大限に収録。さえずり以外にも、地鳴き、ぐぜり、警戒の声、コロニーの声、求愛ディスプレーの声や音など幅広く網羅。解説図鑑には、鳥の写真と基本的な説明のほか、鳴く時季や鳴き方、聞きなしを詳述。また録音の詳しいデータ、その時の様子も記述。
されに全種の声紋も図示、バードウォッチングの新しい道をひらく図鑑です。

54冬眠する哺乳類 \5,460
川道武男・近藤宣昭・森田哲夫編 352頁: 冬眠現象−哺乳類にとって、それはたんに冬期をやり過ごすだけの適応ではなく、生態的にも生理的にもきわめて優れた生命維持機構である。冬眠研究者たちが、生態学や生理学のさまざまなアプローチにより、冬眠現象を解き明かす。日本で初めての冬眠研究の書。

55哺乳類の生態学 \3,990
土肥昭夫・岩本俊孝・三浦慎悟・池田啓 272頁: フィールドに動物たちを追い続ける気鋭の生態学者たちが描き上げた躍動感あふれる野生動物の世界−食肉類、有蹄類、霊長類などを対象としたさまざまな研究をとおして哺乳類の行動と生態をさぐる。哺乳類学を学ぶために必読の基本書。

56哺乳類の進化 \5,250
遠藤秀紀 400頁: 地球史を飾る動物たち−2億年前の萌芽から長い繁栄を経てダイナミックに展開される哺乳類の系譜。進化史の成功者であるかれらの<歴史性>に、形態学、遺伝学、生態学などさまざまなデータを駆使してナチュラルヒストリーが挑む。

57動物進化形態学 \7,560
倉谷滋 632頁: 脊椎動物のかたちの進化−「バウプラン」「発生拘束」「相同性」などの概念を読み解き、進化発生学の視点から、この深遠なテーマに総合的に迫る。形態学と発生学の統合により展開される新しいナチュラルヒストリー。

58オックスフォード動物学辞典 \14,700
原書名:A Dictionary of Zoology, 2nd ed.〈Allaby, Michael〉
606p.2005 425417117X木村 一郎・野間口 隆・藤沢 弘介・佐藤 寅夫【訳】
定評あるオックスフォードの辞典シリーズの一冊“Zoology”の翻訳。項目は五十音配列とし読者の便宜を図った。動物学が包含する次のような広範な分野より約5000項目を選定し解説されている。――動物の行動,動物生態学,動物生理学,遺伝学,細胞学,進化論,地球史,動物地理学など。動物の分類に関しても,節足動物,無脊椎動物,魚類,は虫類,両生類,鳥類,哺乳類などあらゆる動物を含んでいる。遺伝学,進化論研究,哺乳類の生理学に関しては最新の知見も盛り込んだ

乳類の生物学 <全5巻完結>
59: 1.分類 \2,730
金子之史 160頁: 生物学の基礎としての分類学。その歴史とシステムをみながら、動物界における哺乳類の位置を確認し、「種」とはなにかを考える。さらに野ネズミ類の研究から地理的変異をとらえ、それらを通して日本の動物相のなりたちを探る。動物分類学入門の書

60: 2.形態 \2,730
大泰司紀之 168頁: 生物の「かたち」を対象としてゲーテによって体系づけられた解剖学。哺乳類の形態と機能について、解剖学にもとづき適応や進化との関係にふれながら解説する。ヒトに関する知識と比峻しながら学ぶ肉眼解剖学入門の書。

61: 3.生理 \2,730
坪田敏男 136頁 :野生動物としての哺乳類の生理について、内分泌、交尾、出産などおもに繁殖の問題を中心に、成長、代謝、老化など生理学の基礎的なテーマにそって、豊富な事例をあげながらわかりやすく解説する。哺乳類の生理について学ぶために必須の入門書

62: 4.社会 \2,730
三浦慎悟 168頁: さまざまな群れ、独特の繁殖様式、高い知能と個性あふれる行動、そしてそれらによって織りなされる複雑で多様な社会。哺乳類の行動と社会を自然選択にもとづく適応論の立場から解説した、哺乳類の行動生態学について学ぶために必須の入門書。

63: 5.生態 \2,730
高槻成紀 160頁: 哺乳類と環境との関係について、分布、生息地、ホームレンジ、食性、個体群、種間関係、植物との関係、さらに保全など、生態学にとって基礎的なテーマにそって、豊富な事例をあげながらわかりやすく解説する。哺乳類の生態について学ぶために必須の入門書。

64生物学 上・下  各\3,150
江上信雄・飯野徹雄編 平均316頁: 上巻1.生物学のあゆみ 2.生物体の構造 3.生物体の機能 略語表 下巻 4.生殖と発生 5.遺伝と進化 6.分類と系統 7.生物と環墳 8.生物圏における人類の地位 和英対訳索引。

65日本の哺乳類 改訂版  \6,825
Guide to the Mammals of Japan
監修 阿部永:著者 阿部永・石井信夫・伊藤徹魯・金子之史・前田喜四雄・三浦慎悟・
米田政明: B5上製/224頁:編集制作 財団法人自然環境研究センター
1 Advances in Ecological Research, Volume 38. \25,490
Litter Decomposition: a Guide to Carbon and Nutrient Turnover.
by R. Laskowski. 432p. 2005.
生態学研究における進歩 第38巻:森林土壌のリター分解:炭素と栄養の転換手引き
亜寒帯および温帯の陸地森林系におけるリター(落ち葉等の腐蝕土壌)の分解に焦点を当て、3段階のモデルにより分解過程を述べて有機構造から化学構造および栄養分への分解変化を実証し、主題の最新知識を纏める。この種の森林に関する長期研究の成果から分解および人による生成の後期段階への手段が得られる。表60、図90枚を含む。

2 Amniote Paleobiology: Perspectives on the Evolution of (H)\16,150 (P)\6,800
Mammals, Birds, and Reptiles. by M. T. Carrano. 448p. May 2006.
有羊膜類の古生物学:哺乳類、鳥類及び爬虫類の進化に関する見解と副題。
21,000種以上が含まれる有羊膜類は、形状、生態、行動の適合など実に多様である。24人の著者が恐竜の新発見、哺乳類の咀嚼と移動、長頚竜等の進化過程の解明に解析手法を駆使して13件の新しい重要な見解を披露。

3 Amphibians of East Africa. by A. Channing. 360p. 2006. \7,938
東アフリカの両生類: セレンゲティ、マサイ・マラ、ブインディ等の野生動物保護区で重要な役割を果たした両生類の先祖に言及し、カエル194種とアシナシイモリ等9種の識別キーのほか、詳細を記述し、種毎の選好的生息地、分布、繁殖生物学、特性等を含めて概括した野外案内書。カラー図185枚、暈し絵28枚、図版、グラフ、地図等201枚を添える。

4 Amphibians and Reptiles of Portugal, Madeira and the \17,600
Azores-Archipelago. Distribution and Natural History. by R. Malkmus. 431p.
ポルトガル、マデイラおよびアソレス半島の両生類と爬虫類: 分布と博物誌
標記地方の環境、両生類と爬虫類の分類と略語および進化史を概説し、トゲイモリ、スズカエル、アマガエル、イベリアサンバカエル等18種およびイシガメ、ウミガメ、タイマイ、カラカネトカゲ、ネズミヘビ、ヤマカガシ、クサリヘビ、カナヘビ等38種をカラー図257枚と地図を添えて記述。危機の原因、種や生息地の保護・保全等も示す。

5 Amphibians and Reptiles in Bulgaria. by V. Beshkov. 180p. 2006. \9,000
ブルガリアの両生類と爬虫類:  ブルガリアにおける両生類と爬虫類の研究史に関する豊富な情報を提示し、同国内の全54種について分類、分布、生態、生物学および保全のデータを纏めた。自然のままの両生類と爬虫類の写真を種毎に示した最新案内書。

6 Animal Physiology. by R. C. Sobti. 870p. January 2006. \17,050
動物生理学:  序論、原子、イオン、酸、無機化合物、細胞、機能解剖学、炭水化物、細胞有機化合物、脂質、酵素とコエンザイム、核酸、新陳代謝、呼吸の生理学、消化生理学、筋肉収縮の生理学、体液、循環系生理学、神経統合生理学、免疫系生理学、化学的等位構造、腎分泌生理学、動物細胞の培養生理学等を論述。専門用語集を含む。教材に好適。

7 Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects. \38,000
Proceedings of the 17th Annual Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT), Nagoya, Japan, November 15-18, 2004. 450p. 2005.
動物細胞のテクノロジー:基礎および応用面
2004年11月15〜18日間、名古屋で開催された日本動物細胞工学会第17回年次会議報告。様々の動物細胞の構造、機能および行動の理解を深め、有用な効能を持つ各種細胞のクローン展開およびその培養条件の最適化のほか、遺伝子療法、人工器官、機能食への動物細胞の応用を目指す日本およびその他の国々の最新技術を総覧。
8 Atlas of Endangered Species. revised edition. by R. Mackay. 128p. 2005 \4,020
危機に瀕する種の図鑑 改訂版
限りない絶滅、脆弱な地域、生態系、パンダ、アラビアオリックス、ボノボ種等の危機に瀕する動・植物、鳥、動物、生存の支援を主項目にRamsar条約の対象湿地の2004年IUCNレッドリストに基づく情報、特に人による環境への影響、気候変化、深海トロール漁による損害等の新地図と海底採鉱計画を追加。カラー写真50枚等と索引を含む。

9 Bergey’s Manual of Systematic Bacteriology. \59,800
Volume 2 Set: The Proteobacteria. 2nd ed. 2816p. 2005.
Bergeyの系統的細菌学マニュアル 第2版 第2巻:蛋白質細菌編 3冊セット
旧版以後の2,200新種と390新属を追加記述し、科のレイアウトを維持したまま現行の無核細胞分類に従って再編。詳細な記述に加えて、有効名称の良く知られた無核細胞の全てを扱い、新しい生態学的情報と序論の記述を徹底化した。初版の系統発生グループと表現型グループとの相互索引システムによって利用の便宜が向上。

10 Biology of Aging. Observations and Principles. Third Edition. \15,810
by B. Arking. 656p. March 2006.
加齢の生物学:観察と原理 第3版: 加齢の定義、加齢を測定する統計学とパラメータ、様々な種やモデル間の加齢を比較して解説した後、人の加齢と老化、臨床学的および人口学的結果を論じた興味深い書。線図68枚を含む。

11 Dictionary of Animal Behaviour. by D. Mcfarland. 224p. March. 2006. \3,090
動物の行動辞書: 隠語を排除し、明確な情報源から動物の挙動や行動について誰でも魅力を持つような用語を取り上げ、簡明な説明文を例示できる場合は例を挙げて補強。項目の相互検索が可能な使い易い編集が特徴。動物学、生物学および心理学関係の学生、自然愛好者等必携の斬新な辞書。

12 Disease Ecology. Community Structure and Pathogen (H)\21,700 (P)\10,070
Dynamics. by S. K. Collinge. 264p. January. 2006.
疾病生態学:コミュニティ構造と病原動態学: 伝染病発生におけるコミュニティ構造の重要性を理解するための理論的、経験的研究の劇的進歩を強調。多様な研究制度下での共同体生態学が及ぼす病原伝播率および病気動態学への影響を考察。疾病生態学における基幹概念と斬新な技術を囲みページにまとめ、一般の章では講読経験を凝集的に扱う。

13 Discovering Evolutionary, Ecology, Bringing Ecology and (H)\17,050 (P)\7,730
Evolution Together. by P.J.Mayhew.224p.2006
進化生態学の発見: 生態学と進化の統合生物進化の理解を深めるための科学として進化生態学を紹介し、その広範な諸局面を述べ、容易にアプローチできるポピュラーな形に纏めた初の入門テキスト。動態的分野における主な問題、概念および研究結果を紹介し、同分野における全ての重要な話題の関連付けを行う。参考文献、線図や暈し絵100枚以上を添える。

14 Ecology and Conservation of Neotropical Montane Oak Forests. \31,990
by M. Kappelle. 440p. 2006.
新熱帯区山岳性樫の森林生態学と保護:  自然と人工管理下の森林を対象に標記森林の序論、古生態学と生物地理学、立ち木構造と構成、個体群動態学、生物多様性、細分化と回復、生態系の乱れと再生、保護と持続可能な利用等に大別し全34章に分けて編集。最後に総括を掲げたバランスのとれた好書。図62枚を含む。

15 Ecology of Populations. Series: Ecology, Biodiversity and \23,250
Conservation. by E. Ranta. January 2006.
個体群の生態学:  時間的、空間的生物分布と数度を主題に理論とデータ解析の接近とデータによる基本過程の表現方法を記述し、個体群の更新、空間における個体群動態学、同時性、時空における秩序と無秩序、構造的個体群、生物多様性と共同体の構造、生息地の消失、収獲と管理、資源の適合組み合わせ、空間ゲーム、進化と個体群動態学を論述。
16 Ecophysiology of High Salinity Tolerant Plants. \30,000
Tasks for Vegetation Science, Volume 40. by M. A. Khan. 400p. 2006.
高塩分許容植物の生態生理学
通常は植物が生えない高塩分地域でも生存可能な塩生植物は、過剰塩分を分泌し、土壌を脱塩し、侵食やサイクロンから海岸を護り、魚、エビ、鳥の餌場や繁殖地を提供する。淡水の利用が困難で人口増加中の乾燥・半乾燥地域では塩生植物の有用性が高いが、この種の草木の発芽戦略、海水を灌漑に利用するゴルフ場の芝生への利用等も広がっている。

17 Experimentation with Animal Models in Space. \30,000
by G. Sonnenfeld. 334p. 2005.
宇宙における動物モデル実験: 総論、後脚無負荷ラットのモデル、ロシア宇宙船との国際協力と自由飛行生物衛星の事例、宇宙飛行免疫学のためのマウス感染モデル、宇宙飛行による日周期適応発達に及ぼす宇宙作用の前庭実験、宇宙飛行による骨格への作用研究への動物モデルの利用、重力連続体を通じた水生動物の応答、宇宙飛行における霊長類について論考。

18 Fauna Malesiana (CD-ROM) \19,210
Indo-Malayan Reef Corals: A Generic Overview. by BW Hoeksema. CD. 2004.
マレーシアの動物相: インド・マレーシア珊瑚礁総覧と副題し、人気の高いイシサンゴ、ハッポウサンゴ、ツノサンゴ、アナサンゴ、ウミウチワ、ウミエラを扱い、CD-ROM版で提供。2,500枚のイラストを添えて約170属(亜属を含む)のコンピュータによる同定キーを示し、各属の簡単な診断情報を添える。インド太平洋全域のイシサンゴ分布地図を含む。

19 Fossilium Catalogus. 1. Animalia, Pars 139. \28,400
by J. Klein. 484p. 2005.
化石カタログl:動物編 第139号: 白亜紀前期アンモナイトI、Perishinctaceae 1、Himalayaitidae、Olcostephanidae、Holcodiscidae、NeocomitidaeおよびOosterellidaeを扱う。 

20 Functional and Evolutionary Ecology of Bats. \14,260
by T. Kunz. 400p. February. 2006.
コウモリの機能的、進化論的生態学: 哺乳動物中で二番目に人気のあるコウモリは、多分最も研究の対象とされる動物であろう。コウモリの生物学に関して3年毎に開催される国際会議の成果を踏まえて、全章の記述を厳密な審査を経て紹介。コウモリに関する現在の科学的知見の決定版といえる。暈し絵13枚、線画85枚を含む。

21 Green Tiger. The Costs of Economic Decline in the (H)\13,950 (P)\4,640
Philippines. by B. Goldoftas. 288p. January. 2006.
グリーンタイガー: フィリピンの経済的衰退のコストと副題。浜辺、珊瑚礁、森林の美でかって名声を馳せたフィリピンは、現在生態学的衰退を招く深刻な経済的、社会的問題を抱えている。相反する開発と保護の統合に挑戦中の同国の取り組みを親しみのある、決然とした態度で、しかも楽観的に見解を述べる。暈し絵15枚、地図1枚を含む。

22 Guide to the Mammals of Madagascar. by N. Garbutt. 304p. June 2006. \7,740
マダガスカル島の哺乳動物案内
著名な「マダガスカル島の哺乳動物」を野外で参照できるよう改訂した案内書。キツネザルを筆頭にテンレック、コウモリ、齧歯目の動物、ジャコウネコ、マングース等特異な適合を遂げた既知哺乳動物123種を全て取上げ、権威ある詳細な本文にカラー図譜210葉、線画75枚、地図135枚を添付。同島の哺乳類を対象とする選好的な同定案内書。

23 Handbook of Environmental Chemistry. Reactions and Processes. \38,990
Part. N. Marine Organic Matter: Biomarkers, Isotopes and DNA.
by O. Hutzinger. 350p. 2006.
環境化学ハンドブック:反応と処理 Nの部
海の有機物:バイオマーカ、アイソトープおよびDNAと題し、海水中の脂質バイオマーカと顔料の発生および同定について10章に分けて論述。これらのマーカをどうすれば安定同位元素や分子生物学と結合させて海中や堆積層の有機物(天然および汚染物質)発生源とその消滅の確認に利用できるかを現在最先端知識を学際的に統合して開陳。 

24 Handbook of Frozen Food Processing and Packaging. \36,708
Series: Food Science and Technology. Volume: 155 by D.W. Sun. 760p. 2005.
冷凍食品の加工と包装ハンドブック: 食品産業で最大の部門を形成する冷凍食品の部類別品質と安全の問題を論じ、冷凍および包装設備と各種の材料、輸送、手段、検査測定を含む監視技術を検討。代替またはその可能性のある最近の技術を洞察し、今後の研究のための参考文献リストを掲げる。食品科学とテクノロジー第155巻に相当。 

25 Handbook of Capture-Recapture Analysis. (H)\17,556 (P)\8,736
by S. C. Amstrup. 296p. January 2006.
捕獲と再捕獲解析ハンドブック
個体群が増減いずれの傾向にあるか等の確認は、問題の動物を捕獲の上標識を付けて解放し、最捕獲して解析する方法によっ行われている。この生態学的問題に応えるためのデータ変換には高度で複雑なモデルが利用されるが、ここでは最も斬新な方法を紹介し、その裏付けとなる理論を説明。関係者に有用な新刊参考書。 

26 International Zoo Yearbook. Volume 39. \25,110
by F. A. Fisken. 395p.with CD-Rom.2005.
国際動物園年鑑 第39巻: 動物園と水族館の将来、動物園内の動物の栄養、動物園業界の発展、参考編に大別。動物に教わる改良動物園食、カルシウムの恒常性、哺乳類と鳥の餌の定量分析、危機に瀕するイグアナの繁殖、バルセロナのゴリラ排卵周期の監視、タテガミオオカミの父親行動、ホッキョクグマの成長発達、アジアゾウの父性のDNA指紋確認等を論述。

27 Introducing Biological Rhythms. by W. L. Koukkari.445p. 2005. \12,990
生物リズムの紹介
生物のリズムと年代科学の研究を更に進めようとする学生や専門家向け入門書。リズムの一般的特徴、専門用語と特徴、物理的・生物学的時間、光周期現象、生物学的振動子とタイマ、モデルと力学、潮汐と月のリズム、性感と生殖、自然共振と農業、獣医学、社会、臨床医学、自動律動測定、時間生物学、リズム解析を論述。図225枚。索引付き。

28 Introduction to Ecological Genomics. (H)\23,250 (P)\10,070
by N. M. van Straalen. 304p. February 2006.
生態学のゲノム論序説
ゲノム論の進化と生態学とは関わりが深く、生態ゲノム論に関する新書が好機に出版される。ゲノム工学を含む生態学研究の最先端の状況を述べ、ストレスに応答する生態学に焦点を当て、高スループット順序付け、マイクロアレー、定量PCR等の手法を用いて生態学関係の問題を解決する初のテキスト。

29 Introduction to Glycobiology. Second Edition. \7,740
by M. E. Taylor. 256p. February 2006.
グリコバイオロジー 第2版
糖の生物学的重要性を例示し、生科学関係の学生に最新研究に結び付く思考力活用への刺激を与える教材。グリコバイオロジーの拠って立つ主な原則を述べ、生物全般における糖の多様な役割を探究する。生物系への糖の真の影響を明らかにし、分子、細胞および有機組織体レベルでの機能を説明。カラー線図140枚、白黒濃淡図10枚を含む。  

30 Introduction to the Study of Dinosaurs. Second Edition. \12,390
by A. Martin. 448p. January 2006.
恐竜研究の入門 第2版
何故恐竜を学ぶか、科学的方法総覧、恐竜の研究史、科学としての古生物学と地質学、恐竜の解剖、分類、進化、化石生成論、恐竜の生理学、獣脚亜目、竜脚亜目、鳥脚亜目、恐竜足跡化石学、恐竜としての鳥、恐竜の絶滅について記述し、専門用語と索引を整備。
31 Mammalian Subventricular Zones. Their Roles in Brain Development, \21,990
Cell Replacement, and Disease. by S. Levison. 315p. 2005.
哺乳動物の脳室下部領域(SVZ)
脳室下部領域の脳発達、細胞交換、病気における役割と副題。人の脳発達への新皮質SVZの寄与、神経の死と負傷への成人SVZの応答、放射と化学療法へのSVZの応答、機械的脳損傷への同定SVZの応答、低酸素症と低酸素虚欠血症へのSVZの応答、脱髄疾患へのSVZの応答、発育中および成人の中枢神経系における補助増殖域を論述。

32 Mammalian and Avian Transgenesis- New Approaches. \25,990
by S. Pease. 300p. 2006.
哺乳動物と鳥の遺伝子組替:新手法 
マウスを重点にラット、ウシ、ブタおよび鳥を含む広範な遺伝子組替動物の新しい生産方法を纏めたマニュアル。細胞質内精子注入、核の組替、条件付き遺伝子発現システム、レポータ遺伝子の利用等を含む組替技法をステップ・バイ・ステップで詳細に教示し、従来の基本的な手法も記述。カラー図譜13葉、イラスト49枚を含む。

33 Microbial Ecology. An Evolutionary Approach. \11,890
by J. V. McArthur. 639p. February 2006.
微生物の生態学:進化的手法
微生物の生態学的パターンや観察過程の進化は今まで無視され、利用できるテキストも無かったが、進化と生態学の境界面を考察すれば、マクロ微生物現象をうまく説明できる。本書はその手法を利用して微生物のパターンを説明し、種の相互作用、栄養分の循環等を論述。

34 New World of Animals: Early Modern Europeans on the Creatures of \15,290
Iberian America. by M. D. Asua. 257p. 2005.
動物の新世界:イベロアメリカの創造物に対する当初の近代的欧州人たち

35 Phylogeny and Conservation. Series: Conservation (H)\21,294 (P)\10,647
Biology. No.10. by A. Purvis. 400p. 2005.
系統発生と保護
系統発生の研究から緊急保護問題の実用的な解決策が得られよう。世界の様々な分類と地方の事例研究に基づき多様性と今日迄の過程の道筋を評価し、新たに応用すれば保護決断が容易になる。系統発生と保護、単位と通貨、保護生物学の為の分子系統発生の研究、種の境界確定と多様性等を論考。線図32枚、カラー図譜2葉、表30、暈し絵2枚。

36 Pocket Guide to the Reptiles & Amphibians of East Africa \4,640
by S. Spawls. 144p. April 2006,
東アフリカの爬虫類と両生類のポケット案内書
本書と同じ著者達による同名の著書の一部をポケット版向きに改訂し、ケニア、タンザニア、ウガンダ、ルワンダ、ブルンデイで見られる爬虫類150種と両生類80種を簡潔に紹介。各種に関するカラー写真と地図230枚を添えて視覚的理解を助ける魅力的な新書。

37 Primate Psychology. by D. Maestripieri. 640p. 2005. \6,790
霊長類心理学
ヒトとヒト以外の霊長類との行動の比較研究を統合した画期的な学術書。心理学から導いた行動理論に基づいて攻撃、紛争解決、性行動、愛情、親、社会的発達、認識の発達、社会的認知、個性、感情、音声および非音声によるコミュニケーション、認識神経科学、心理病理学等の領域の社会的推移に重点を置き、専門家29人のが検討を経た学術書。

38 Reproductive Biology and Phylogeny of Annelida. \22,950
Series: Reproductive Biology and Phylogeny.
by B. G. M. Jamieson. 675p. February 2006.
環形動物門の動物の生殖生物学と系統発生 
生殖生物学と系統発生シリーズ第5巻に相当。環形動物門の動物は、大概海と淡水地区に生息し、地下生息地の占拠に成功している。現在14,000種が記述されている。その系統発生と分類の枠内で生殖に重点を置き、卵形成、精子と精子完成、性戦術と交配システム、幼生期の環形動物の分子面から見た発達、幼生の形態および生態学を論述。

39 Review of the Conservation Status of the Asian Elephant in Vietnam. \6,200
by P. J. Heffernan. 181p. 2004,
ベトナムのアジア象保護状況の評論
強い危機に見舞われながらそれほど注目されていないアジア象の個体群に関する評論。現在ベトナム内で知られている象の規模、場所、生息地の状態知識および個体群にとっての脅威について明確な情報を示し、急激な減少に対して地方および国に勧告を提案した各個体群に対する将来の個別保護の出発点となる参考書。

40 Southeast Asian Biodiversity in Crisis. \21,924
(Cambridge Tropical Biology) by N. S. Sodhi. 192p. 2006.
東南アジアの生物多様性の危機
東南アジア特有の豊富な生物多様性に最大の脅威となっている根本的要因に焦点を当て、陸地生物相の現状を確認した初の総括書。具体的な危機対策が必要であるが、深刻化する貧困と社会基盤の欠如等がその足枷になっている。政治的、社会経済的、科学的線略によって問題は解決されるはずで、そのすべての利害関係者が参画すべきことを力説。

41 Welfare of Dogs. Animal Welfare, Volume 4. by K. Stafford. 295p. 2006. \23,000
犬の福祉: 動物福祉シリーズの一つ。愛玩動物として、またスポーツや娯楽に利用され、最も人の近くで生活する犬は、裕福な社会では健康で良好だが、野良や村で短命で生息条件も悪い。本書は犬のあらゆるタイプの管理を論じ、管理の仕方が犬の福祉にどう影響するか(社会的困窮が犬の健康や栄養状態にも及ぶ)を論究したユニークな書。

42 Where to Watch Mammals in Britain and Ireland. \4,640
by R. Moores. 250p. June 2006.
ブリテンとアイルランドの哺乳動物観察サイト
イギリスの哺乳動物種は多くないが、容易に出会えないカワウソ、アカリス、タイセイヨウバンドウイルカ、スコットランドのヤマネコ等のほかのもアナグマ、ノロジカ、ノウサギ等がいる。これら哺乳類の観察可能なサイトを挙げて地図を添え、また、海生、陸生の哺乳動物の情報に描画を添えた新しい案内書。

43 Wildlife Contraception. Issues, Methods, and Applications. \11,050
by C. S. Asa. 288p. 2005.
野生動物の避妊:問題、方法および応用
野生動物の避妊問題を論じた10数年来の論文や報告を初めて纏め、捕獲された野生動物の避妊の理論と実際の両面を記述。肝要な避妊のタイプとその作用を検討し、繁殖野放しの問題を提起し、最新のデータと調査結果を用いて状況に応じた最良の方法を探索。野生動物管理者、動物園、保護団体、動物の権利団体等に規制問題への関心を求める。 

44 Zoogeographical Checklist of Reptiles. \9,100
Volume 1: Afrotropical and Palearctic Realms. by J. Brogard. 301p. 2005.
爬虫類の動物地理学チェックリスト 第1巻:熱帯アフリカおよび旧北亜区編
爬虫類の多くの科が世界中に分布しているが、総合的なチェックリストを提供する目的で世界を6地区に分けて編集するシリーズの初巻。標記地域の地層、気候、環境等別地理的区域、生態学、爬虫類学情報を総覧し、目と科のリストに続き、属と種(亜種は除外)をアルファベット順に配列。属には最新分類を適用し、簡単な参考文献を完備。

ここからは和書紹介

45 明解 獣医学辞典 \14,910
獣医学大辞典編集委員会編
A5判 並製函入1,536頁 収容語数約29,000語
収録項目の特徴
臨床用語及び国家試験頻出用語を主体とした29,000余の用語を掲載。
持ち運びが可能なコンパクトサイズ(A5判)で、より実用性を重視。
項目解説は「獣医学大辞典」と何ら遜色なく、見出し項目の英語・ドイツ語・ラテン語、同義語、略語、関連語に至る用語の理解に必要な全ての事項を網羅。
広く同義語を併載し専門分野によって異なる用語を整理。
多くの関連語を併載し、用語の体系的な理解を図った。

46 新獣医英和辞典 \10,500
編者:長谷川篤彦(日本大学)
四六判 並製函入 2,004頁 収容語数約210,000語
収録項目の特徴
小動物(犬猫)から大動物に至る獣医学界最大量の和欧約21万語(外語約12万語+日本語約9万語)を収載。
国際化時代を迎えた日本の獣医学界の要求に応え、解剖・病理・生化・薬理・内科等15分野に及ぶ最新の専門用語を網羅。
臨床用語には簡明な解説を付し、理解し易くしている。
同義語・略語・慣用語からでも目的とする言語に到達出来る様、機能性を重視。
英和辞典初の和文索引を設け、利便性を拡大。

47 獣医英和大辞典 \39,757
編者:長谷川篤彦(日本大学)
B5判 並製函入1,770頁 収容語数約120,000語
小動物(犬、猫)から大動物に至る用語を収録し、また解剖・病理・生化・薬理・内科等15分野に及ぶ最新の専門用語も網羅。
収録項目の特徴
小動物(犬猫)から大動物に至る用語12万語(基本言語)を収録。
国際化時代を迎えた獣医学界の要求に応え、解剖・病理・生化・薬理・内科等15分野に及ぶ最新の専門用語を収録。
臨床の現場で使われている生きた用語をそのまま収録。
臨床用語には簡単な解説を付し、より簡便に理解し易くした。
英語のみならず、2,500を超える略語を収録し、略語辞典としても十分活用できる。
重要言語には発音符号及び語源を付し、どの様な場でも使える様にした。
機能性・使い易さを重視し、同義語・略語・慣用語からでも目的とする言語に到達できる様にした。
疾患及び症候群・試験等の大項目は関連する用語を一堂に集め相互の関係が理解できる様にした。

48獣医学大辞典 \52,290
獣医学大辞典編集委員会編
編集委員長:田中享一
編集委員(順不同):梁川良/河田啓一郎/田村俊二/和栗秀一/村上大蔵/牛見忠蔵/原茂/板垣博/友田勇/内田和夫/小原甚三/大橋秀法/阪口玄二/堀内貞治/松本治康/山本春弥/鈴木實/清水高正/雨宮淳三/執筆者:541人
B5判 並製函入1,896頁 収容語数約56,000語
質・量共に世界の医学辞典を超えた、新しいコンピュータ編集の成果。国際化時代の情報を網羅した世界初の獣医学大辞典
収銀項目の特徴
使用されている教科書、専門辞書、学術論文や関係資料(国家試験問題集)に至るすべての語彙(約76,000語)のなかから選定。
選定された用語を15の専門分野(解剖、生理、生化、薬理、病理、微生物、内科、寄生虫、外科、臨繁、伝染病、衛生、公衆衛生、鶏病、診断)、8つの動物分類(牛、馬、豚、めん・山羊、家禽、小動物<犬・猫>、実験動物、その他)に分け、さらに選定。
実用性を重視し、見出し語は和語五十音配列、用語のカナヨミ、英語、独語、ラテン語、さらに同義の日本語、米語、略語、関連語を記号を用いて平易に表示。
巻末の実験動物を含めた動物別解剖図は単独の解剖図としても使用可能。
欧文および略語索引もまた、辞書としての機能をもっている。

49 犬猫のX線診断学(第2版) \22,470
著者:J. K. Kealy 監訳:菅沼常徳(麻布大学)
B5判 550頁 上製本
本書は、正常なX線解剖像をベースとした、全身の各臓器毎の異常と正常の見分け方を、基本に沿って確実に行っており、読影をすすめる為のポイントもわかりやすく解説している。これからX線診断学を学ぶ方、また臨床上X線診断学を行っている方にとって広く活用出来る一冊である。
主要目次
X線写真・デンシティー/コントラスト/X線学的変化/基本的撮影像/造影剤/X線写真の読影/系統的な読影法/腹部…腹腔/消化管/泌尿器系/生殖器/胸部…呼吸器系/縦隔洞/胸壁/骨と関節…骨/関節/骨と関節に影響を及ぼす疾患/頭骨と脊柱…頭骨/脊柱/その他…石灰化/動静脈瘻/筋膜面/軟部組織の疾患/膿痩と痩管/リンパ管造影

50 重症外傷例《犬・猫》のX線診断学 \18,900
著者:Joe P Morgan / Pim Wolvekamp 監訳:菅沼常徳(麻布大学)
A4判 242頁 上製本
本書では、外傷を負った動物のX線診断を円滑に行うための技術的なヒントを多く含め、X線を評価する上での特徴を明確に記載した。内容は、便宣上、胸部外傷、腹部外傷および筋骨格外傷の3項目に分け、それぞれのセクションにX線所見の特徴を豊富に取り入れている。重要なのは、さまざまな病態生理学的な異常をX線写真上で理解し、観察することで、異常所見を認識し、その中の所見がどのように変化し、異常を生じているかを理解することである。X線写真を読影することは、像の中に隠れている多くの重要な情報を引き出すことかもしれない。いまや、X線写真なしでは正確な診断が出来ないのである。
主要目次:?イントロダクション:X線写真の質2.診断のための基礎的事項3.X線写真の評価4.症例写真
? 胸部外傷のX線診断:.イントロダクション2.正常な胸部X線像3.胸部外傷X線像(胸部損傷/胸腔内の液体あるいは空気/横隔膜破裂/肺実質の損傷/縦隔の外傷)4.症例写真
? 腹部外傷のX線診断:イントロダクション2.腹部外傷の特徴(抹梢の軟部組織の外傷/骨折/腹水/後腹膜腔内の液体/腹腔内ガス/腹腔内消化物/糞便/臓器肥大)3.腹部外傷時の造影(尿路造影/消化管の外傷)4.症例写真
? 筋骨格系外傷のX線診断:イントロダクション2.体軸骨格(骨折の部位/骨膜炎) 3.四肢骨格の外傷(骨折の分類/骨折の部位/その他の骨格の外傷/整形外科用の整復器具)4.関節の損傷(解剖学的構造/その他の外傷性関節疾患)5.病的骨折6.軟部組織の外傷7.症例写真

51 犬のX線撮影手技 \8,400
著者:Joe P. Morgan / John Doval / Valerie Samii 監訳:菅沼常徳(麻布大学)
A5判 268頁 上製本
X腺撮影に役立つ至適ポジショニングをわかりやすいイラストで図解
本書は、犬の体部を25の部位にわけ、そのポジショニングを図解することにより、適切に撮影することができる。また、そのX線画像がシェーマで表されており、内容を理解する上において非常に効果的に学べる。撮影部位の保定法も順序よく解説されているので、これからX線診断学を学ぼうとする獣医師からベテランの獣医師まで、幅広い層に対応した書である。もちろん臨床獣医師のみならず、動物看護士、学生の教材としても役立つ。
主要目次
胸部・腹部・頭部・下顎骨・鼻道・副鼻腔および上顎骨・歯牙・咽頭・脊椎・骨盤部・前足・肩甲骨・肩関節・上腕骨・肘関節・前腕・手根骨・中手骨・および指骨・後肢・大腿骨・膝関節・脛骨および腓骨・足根骨・中足骨および指骨

52 新イヌとネコの臨床解剖カラーアトラス \21,000
著者:J. S. Boyd / C. Paterson / A. H. May 監訳:和栗秀一 訳:武藤顕一郎/渡邊修一(北里大学) A4変型判 218頁 上製本
ベストセラー「イヌとネコの臨床解剖カラーアトラス」の改訂版。外科臨床で必要となる、臓器や筋肉の走行をわかりやすく図説。又、画像診断で必要となる立体的なイメージを、鮮明な画像写頁で肉眼的解剖と照らしあわせ解説している。肉眼解剖学の立場から、1点1点を大きく取り扱った写頁では、新鮮で、加工処理していない解剖検体を可能な限り随所に使用、臓器の構築や位置関係を臨床的な観点で視覚的にまとめてある。
主要目次:.緒言2.頭部3.脊柱4.前肢5.胸部6.腹部および骨盤腔7.後肢 索引

53 子犬と子猫の内科学・外科学 \18,900
著者:Giselle Hosgood / Johnny D. Hoskins 監訳:高瀬勝晤 B5判 314頁 上製本
幼・若齢時の犬や猫で見られる内科疾患および外科疾患について、病因、病態生理、診断、治療などの面から、臓器別ごとに記述されている。多くの図表を用いるとともに、研究論文を多数引用して叙述し、小動物開業獣医師はもちろん、これから獣医師をめざす学生にも大いに役立つ内容となっている。
主要目次:第1章:身体検査とそれに関連した診断手技/2章:予防医療/第3章:麻酔と疼痛管理/第4章:集中治療/第5章:一般外科手術総論/第6章:腹腔および消化器障害/第7章:胸腔と呼吸障害 第8章:心臓疾患/第9章:泌尿生殖器系の疾患/第10章:神経学的異常と特殊感覚器の異常/第11章:外皮の疾患/第12章:筋骨格系の疾患

54 カラーアトラス獣医心臓病学 \18,900
著者:Peter. GG. Darke / John D. Bonagura / Donald F. Kelly 監訳:山根義久(東京農工大学)
B5判190頁 上製本
心血管疾患の診断検査に携わる多忙な獣医師にとって、優れた検査技術と、それから得られたデータの正確な解釈は、診断する上で極めて重要なものである。犬、猫、馬、牛の心血管疾患を取り上げた、カラー写真満載の本書を活用すれば、診断の確立や治療面においても、大いに役立ってくれるだろう。
・ 心血管系の精密な検査法を解説。重要な臨床徴候については注を添えた。
・ 心臓の正常な状態と機能を図解。聴診、X線写真、心電図、超音波診断、超音波カラードプラー像から分かる、一般的な異常と正常範囲の異型を紹介。
・ 検体の肉眼的観察、形態学的観察と、それに対応したX線写真、超音波スキャン、心電図記録を活用し、機能障害や寄生虫感染をはじめ、心筋疾患、心膜疾患、心臓弁膜疾患の特徴を解説。
・ 特徴的徴候に関する表やチェックリストにより、迅速な診断を可能に
・ 本書は症例に重点を置いて「典型的な」症候群を取り上げた図解書であり、多忙な獣医師や獣医学生に役立つ、実用的な参考書である。

55 獣医眼科診断学 \17,850
著者:F. C. Stades / M. Wyman / M. H. Boeve / W. Neumann. 監訳:安部勝裕
A4判 200頁 上製本
本書の目的は、主として、獣医学の学生と一般開業獣医師に、眼科疾患に対する理解を深めてもらうと共に、基本的な治療を行うにあたって必要不可欠な情報を提供することである。又眼科診断用機器の限界への理解、専門外の開業獣医師を訓練する為に本書の全編が費やされており、発症の多い小動物中心に、軽視できない大動物の眼疾患も含めた対応への実用的な情報を、多くの写真とイラストでわかりやすく入手できる。
主要目次
臨床および鑑別診断法/眼疾患の診断法と治療法/救急処置/眼窩と眼窩骨膜の構造/涙器/眼瞼/結膜と瞬膜/眼球/角膜と強膜/眼圧と緑内障/前部ぶどう膜/水晶体と硝子体/眼底と視神経/好発種と遺伝性眼疾患

56 小動物臨床ピクチャーテスト \5,460
著者R. D. Long. 訳:安部勝裕/長堀正行/小方宗次/林一彦/菅沼常徳/鷲巣誠/永田雅彦
A5変型判 並製 196頁
(SAPTシリーズ第1弾。全般を取り扱った総合編)
本書はすべての小動物臨床分野の症例に対し、診断技術を向上させることを主眼とした選択肢問題、論述式問題を設けており、X線、病歴、臨床検査等を使った設問は、バラエティーに富み、単に診断ばかりでなく、派生する問題までも考える事ができます。
・ ランダム形式の設問の為、どこからでもチャレンジ可能。
・ 重要な症例にはカラー写頁を豊富に使用。
・ 日常の診療でもみられる難しいケースも多数掲載。
・ 犬や猫だけでなく、鳥や小型哺乳動物、爬虫動物、両生動物、昆虫までも網羅。
・ X線、超音波、血液、内視鏡、眼科、生化学の日常診断技術を中心に編集している。
・ 解答には、病歴、診断、治療を多方面から掘り下げて解説。

57 小動物臨床ピクチャーテスト (画像診断編) \5,040
著者:C.R.Lamb 監訳:菅沼常徳(麻布大学) A5変型判 並製 175頁
(SAPTシリーズ第3弾)
本書は、X線検査を行う獣医師が実際に経験する画像診断上の問題と解決方法を示すようにさまざまな症例を病歴とともに掲載している。
・ 単純X線フィルム・造影試験、超音波検査、核シンチグラフィー、およびMRI像を含めた臨床一般に使用されるすべての撮像法に関する質問を設けている。
・ 診断の方法および手順、標準解剖学および標準変法のほか、疾患の発現に関する獣医学的な知識を確認できる。
・ 難しい症例は、日常の臨床現場に即して説明している。
・ 設問の症例に対する解答は、検査方法や診断ばかりでなく、多面的な考察まで詳細に行っている。
・ より詳しく研究したい読者のために、参考文献も充案させている。

58 小動物臨床ピクチャーテスト (臨床解剖編) \6,090
著者:J. S. Boyd 監訳:和栗秀一 A5変型判 並製 178頁
(SAPTシリーズ第4弾〕
本書は、小動物及び産業動物の臨床解剖の症例に関する220の質問から構成されており、臨床写真やX線像をベースに臨床解剖学的アイデンティティーが質されるようになっている。また、機能と関連性についても考察されている。
・ 質問の写真は、いずれも明瞭なカラー写真である。又、X線写真によって補完もされている。
・ 解答は、機能や臨床上の問題にまで議論が及ぶようになっている。
主要目次(問題と解答)
1. 肉眼解剖(図1-2) 2. 頭部と頚部(図3-46) 3. 前肢(図47-88) 4. 胸部(図89-108)
5. 腹部と骨盤部(図109-191) 6. 後肢(図192-220)

59 小動物臨床ピクチャーテスト (鳥類診療編) \8,190
著者:Brian H. Coles / Maria E. Krautwald-Junghanns. 監訳:長堀正行
A5変型判 並製 236頁
(SAPTシリーズ第7弾):本書は、一般の動物病院、鳥の専門病院、動物園の各診療現場で遭遇しやすい鳥類の医療上重要な、あるいは外科的処置を必要とする病状を示したさまざまな写真を取りあげ、設問をとおして読者が自らの知識を試すことができるように構成されている。本書の問題を解いて、レベルを向上させることにより、鳥類をより自信を持って診断・治療することができるようになる。

60 臨床 犬の歯科形成外科 \9,975
著者:山縣純次 B5判 100頁 上製本
4,000件を超える臨床例の中で研究・応用を重ねた技術が凝縮
犬も生存年齢が伸び長寿になったが、それに伴い老齢化による歯科口腔疾患が激増している。又一方、小動物の交通事故多発は衰えることなく、顔面骨折、口腔内損傷、顎骨骨折などは歯牙の脱落破折、毀損を生じ、それは歯牙の再移植、同種移植、補綴といった臨床上の諸要求となって現れている。本書には、この今後ますます要求が増え、強まるであろう歯科口腔科、歯科形成外科の治療のノウハウが、豊富なイラスト、カラー写頁と共に詳述されている。
主要目次:1.獣医歯科形成外科とは 2.口腔と頭部の解剖 3.歯の解剖 4.歯科形成外科のX線 5.歯科形成外科の麻酔 6.抜歯の適応症と処置 7.歯内療法と処置 8.歯牙再移植 9.歯牙同種移植 10.歯牙の保存法 11.歯牙矯正の臨床 12.犬歯の切断術 13.歯科における補綴 14.歯の成長に関するX線学的観察 

61 小動物臨床歯科ハンドブック \9,684
著者:P. Emily / S. Penman 訳:木場秀夫/大場茂夫/月瀬東/幅田功
B5判 120頁 上製本
治療処置のステップが的確なイラストで容易に理解できる診療室必携のマニュアル書!!本書は、世界的に著名な獣医歯科学の専門家がPergamon Press社刊行の獣医ハンドブック・シリーズとして書き下ろした、臨床獣医師と学生のための、実際的な治療マニュアルである。

62 小動物の外傷治療 \8,155
著者:S. F. Swaim / R. A. Henderson. 監訳:多川政弘(日本獣医畜産大学)
A4変型判 並製 252頁
種々の損傷に関する実践的な手技、病態等について詳細かつ簡便に記述。実際の臨床現場において採用している有用性の高い手技・方法を記載230点にのぼるイラスト・写真を図示することによって段階的かつ簡潔に術式を表現。損傷の治療法・管理方法を学ぶ学生向けの参考書としても役立つ。

63 猫の感染症 \15,291
著者:N. C. Pedersen 監訳:石田卓夫 B5判 384頁 上製本
これまでネコ伝染性腹膜炎ウイルスとその感染、ネコ白血病ウイルス感染の免疫、最近ではネコ免疫不全(エイズ)ウイルス発見等、猫のウイルス学、免疫学の分野で輝かしい業績をもつ著者が、猫の感染症に関する全ての情報をまとめた一冊。
主要目次
1.ウイルス性疾患 2.細菌性疾患 3.マイコプラズマリケッチア、クラミジアおよびL型菌感染症 4.真菌感染症(真菌症) 5.寄生虫病

64 獣医生化学実験 \5,040
編著:獣医生理学・生理化学教育懇談会 A4判 並製 246頁
本書は、どのような実習項目を行うにしても、必要な基礎的事項がきめ細かく盛り込まれている。生化学実習に必要不可欠な獣医学生のための実習書。
主要目次
・実習を始める前に
A.器具・機器の取扱い B.試薬の保管 C.有機溶媒の取扱いD.廃液処理 E.秤量法 F.容量分析 G.緩衝液の調製と水素イオン濃度の測定 H.無機塩類の定量I.糖質の定性、定量J.糖鎖実験法 K.脂質の定性、定量 L.核酸の定量 M.核酸実験法N.タンパク質の定性、定量 O.塩析と脱塩 P.酸素活性の測定法 Q.電気泳動法 R.デンシトメトリー S.カラムクロマトグラフィー T.薄層クロマトグラフィー U.免疫化学実験法 V.血球および血球膜の分離 W.簡単なガラス細工

65 ペインマネジメント−動物の痛みの治療− \15,750
編著:Paul Flecknell / Avril Waterman-Pearson 訳:安川明男 B5判 192頁 上製本
痛みと鎮痛に関する最新情報を、小動物を中心にエキゾチックアニマルまで幅広く網羅。動物の疼痛管理に関心がある全ての人に有意義な情報を提供します。痛みの生理学にはじまり、鎮痛薬の薬理学、痛みの評価法、鎮痛法の実際や問題点などが、具体的かつわかりやすく記載され、鎮痛薬の副作用に対すや無用な心配を減らし、自信を持って鎮痛薬を投与できるようになるなどの臨床現場に即した用法を幅広く紹介。効果的に疼痛をコントロ一ルするための豊富な知識が得られる待望の1冊。
目次
1.動物の痛み−序論 2.痛みの生理学 3.鎮痛薬の薬理 4.痛みの評価 5.術後疼痛およびその他の急性疼痛の管理 6.動物の慢性疼痛 7.疼痛管理の問題点

66 動物行動医学−イヌとネコの問題行動治療指針− \23,100
著者:Karen. L. Overall. 監修:森 裕司(東京大学)A4変型判 608頁 上製本
獣医師が一般的な診療のなかで、行動症例の予防、診断、および治療をより充分に行え、また必要なときにすぐに参照できる生きた実用書。イヌとネコの問題行動治療において必要不可欠な情報が満載!!
主要目次:第1章:臨床行動医学の獣医学的重要性  第2章:疫学  第3章:正常なイヌの行動 第4章:正常なネコの行動  第5章:行動歴聴取  第6章:イヌの攻撃行動  第7章:ネコの攻撃行動  第8章:ネコの排泄障害  第9章:イヌの排泄障害  第10章:恐怖、不安、および常同症  第11章:その他のさまざまな問題行動  第12章:問題行動の治療  第13章:行動薬理学  第14章:問題行動の予防  第15章:行動医学における法律問題  第16章:ソーシャルワーカーと問題行動

67 獣医看護学 上巻 \7,140
著者:D. R. Lane / B. Cooper 監訳:山村穂積(北川動物病院)A4判 318頁 上製本
獣医療の知識・技術を基礎から高度な内容まで広範囲に完全綱羅!!本書は、獣医療において役割が増え、又責務の重くなりつつある動物看護士の職務遂行に欠かせぬ基礎的な解剖学や生理学、薬理学をはじめ、診療所の組織運営上の問題や動物との死別時のカウンセリングなどを詳細に、かつやさしく解説している。図解や写真も豊富で、獣医療の場で働く動物看護士や、動物病院関係者にとって、正にバイブルとも言うべき必携の書である。
主要目次〔上巻目次〕
1.動物の扱い方と保定/2.動物の観察とケア/3.応急処置/4.エキゾチックペットと野生動物  5.ケンネルとキャテリの管理運営/6.動物看護の法律と倫理/7.診療所の組織化/8.死別相談  9.動物の行動問題とトレーニング/10.基本トレーニング/11.業務上の災害/12.小動物臨床における検査の進め方/13.薬剤〔薬理学、薬理作用〕/14.解剖学と生理学

68 獣医看護学 下巻 \7,140
著者:D. R. Lane / B. Cooper. 監訳:山村穂積(北川動物病院)
A4判 388頁 上製本
獣医療の知.識・披術を基礎から高度な内容まで広範囲に完全綱羅!!本書は、獣医療において役割が増え、又責務の重くなりつつある動物看護士の職務遂行に欠かせぬ基礎的な解剖学や生理学、薬理学をはじめ、診療所の組織運営上の問題や動物との死別時のカウンセリングなどを詳細に、かつやさしく解説している。図解や写真も豊富で、獣医療の場で働く動物看護士や、動物病院関係者にとって、正にバイブルとも言うべき必携の書である。
主要目次〔下巻目次〕:15.微生物学の基礎/16.菌類学および寄生虫学の基本/17.コンパニオンアニマルの栄養/18.遺伝学と動物の繁殖/19.犬と猫の産科と小児科での看護/20.人工給餌  21.輸液療法とショック/22.診断的検査/23.内科疾患とその看護/24.外科看護/25.外科器具の管理と整備/26.手術室の業務/27.麻酔と鎮痛/28.X線撮影法

69 動物看護ハンドブック \3,150
編者:C. J. Price 監訳:山村穂積(北川動物病院) A5判 並製 191頁
動物看護士が身につけておくべき、様々な看護の実例をあげながら、動物の生命に対する基本的な姿勢や獣医療の実際をきちんと習得することができる、動物看護士には待望の書。

70 動物看護ハンドブック? \3,675
監訳:安川明男 編:Gillian Simpson. A5判 並製 391頁
年々技術レベルが向上し、従来獣医師が行ってきた病院内業務が細分化され、動物看護士によって実施されるようになった現在、動物看護には更に高いレベルの専門知識と技術、そして精神性が要求されています。本書は「心と力」を持った動物看護士を誕生させるための重要な実践の書としてはもちろん、動物看護学生と実際に臨床に従事している獣医師との間の橋渡しをする参考書としても必携の一冊。
主要目次
・X線撮影法・入院看護・外科・救急医療・麻酔・薬学・輸液療法・健康と安全・検査テクニック

71 循環器疾患100症例(1) \30,582
発行:(財)小動物臨床医学研究所 監修:山根義久(東京農工大学)高橋貢(麻布大学)
編集:清水栄治/上月茂和/露野光興/桑原康人/ 金尾滋/榎本浩文(小動物臨床医学研究所)
B5判 函入408頁 上製本

72 消化器疾患100症例(1) \30,582
発行:(財)小動物臨床医学研究所 監修:山根義久(東京農工大学)高橋貢(麻布大学)
編集:露野光興/上月茂和/松本英樹/田口淳子/河野史郎/鯉江洋/坂井尚子(小動物臨床医学研究所) B5判 函入342頁 上製本

73 実験動物の断面 解剖アトラス ラット編 \21,000
著者:早川敏之/山下廣/岩城隆昌 B5判 144頁 上製本
断面または断層解剖学を取り扱った成書は、その何れの対象も小動物臨床分野のイヌやネコに限られ、実験動物に関しては現在迄の所限定した情報(脳の一部)しか入手できないのが現状である。本書は、実験動物用のラットの矢状断、水平断、前頭断および関連する肉眼写真を体系的に配列した解剖学のカラーアトラスである。

74 乳牛のハードヘルスと生産管理 \11,550
著者:A. Brand / J. P. T. M. Noordhuizen / Y. H. Schukken. 監訳:酒井健夫/大島慧
B5変型判 並製 585頁
本書は、乳牛を健康的に飼養し、生産性を確保し、酪農経営の収益性と牛乳の品質向上を図るために、乳牛のハードヘルスと生産管理を実例で解説。産業動物獣医療に広範囲に活用ができる1冊。
主要目次:第1章 ハードヘルスと生産管理のプログラム/第2章 更新牛育成のモニタリング/第3章 乾乳期管理のモニタリング/第4章 牛乳生産のモニタリング/第5章 繁殖成績のモニタリング/第6章 乳房の健康のモニタリング/第7章 蹄の健康モニタリング/第8章 牛群における感染症の防除法/第9章 発展途上国における家畜の健康と酪農生産

75 牛のフットケアと削蹄 \6,300
著者:E. T. Raven 監訳:幡谷正明 A4判 並製 132頁
270点以上ものイラストで蹄病の発生機序、発病要因そして削蹄法についてわかりやすく解説!!本書は臨床獣医学の専門家により初めて記された体系的な牛の護蹄管埋と削蹄法の書であり、酪農現場で起こる差し迫った質問に答えている。
主要目次:第1章 蹄の構造の機能  第2章 知覚部の疾病  第3章 削蹄  第4章 蹄浴 第5章 栄養 第6章 舎飼 第7章 品種改良  おわりに

76 牛のフットケアガイド \7,140
著者:Roger Blowey 監訳:幡谷正明 訳:田口清(酪農学園大学) 
B5変型判 96頁 上製本
本書には蹄病のすぐれた写真が掲載されており、蹄病の取扱い方法と予防の仕方をやさしく解説しており、楽しく読むことができ、かつ農場での適切なフットケアに非常に役立つ1冊である。主要目次:1.跛行の発生と損失 2.蹄の構造と機能および蹄葉炎 3.負面と蹄の過剰成長 4.蹄 5.多発する蹄病6.跛行の原因と予防

77 酪農家と獣医師による牛の乳房炎コントロール \8,400
著者:Roger Blowey & Peter Edmondson 訳:浜名克己 B5判 204頁 上製本
「乳房炎とは何か」を明解に解説。乳房と乳頭の構造を示し、いかに生態の疾病に対する防御機構が有効であるかを述べています。最新の実際的なアドバイスに満ち、100枚以上のカラー写真と明解な図表が随所に配された、乳房炎防除と乳質向上のための決定版!
主要目次:1章 緒論/2章 乳頭と乳房の構造および乳汁合成の機構/3章 乳房炎に対する乳頭と乳房の防御/4章 乳房炎−原因、疫学、防除/5章 ミルカーと乳房炎/6章 搾乳手順とその乳房炎との関連/7章 乳頭の消毒/8章 環境と乳房炎/9章 体細胞数/10章 総細菌数(TBC)/11章 ターゲットとモニタリング/12章 乳房炎の治療と乾乳時治療/13章 夏季乳房炎/14章 乳房と乳頭の疾患

78 牛の輸液療法 \6,090
編著:Allen J. Roussel, Jr  訳:竹村直行(日本獣医畜産大学) B5判 並製 143頁
本書は輸液療法に関する理論と臨床例という現実の狭間で悩み続けている、第一線の産業動物獣医師にとって、知識の整理をするのに格好の書であり、教師にとっては、これ迄にない切り口の解説が新鮮で、輸液療法に対する理解を楽しく深める事が出来る。

79 輸液療法 \6,510
著者:A. R. Michell / R. J. Bywater / K. W. Clake / L. W. Hall 監訳:本好茂一 訳:江島博康 / 原康 B5判 並製 242頁
輸液療法は万能薬ではない。また、いつもうまくいくものでもない。輸液を適切に行い、効果的に、比較的安価で危険がない様にするにはその欠点を知る必要がある。本書は治療法についてサポートするのみならず、輸液の基礎についても解説している。
主要目次:体液の調節/体液の量と組成の異常/輸液剤の組成と選択/循環血液の減少とショック/体液の欠乏とその障害に対する臨床および臨床検査による評価/輸液療法における投与量の問題/輸液方法と投与経路/輸血/消化器障害時の輸液療法/泌尿器系疾患と輸液療法/麻酔・外科手術と輸液療法/代謝および内分泌障害:非経口的栄養摂取/その他付録(英国製のカテーテル類/主要な正常値/動物用の輸液用剤)

80 応用動物科学ハンドブック \5,913
監訳:扇元敬司 訳:扇元敬司/中井裕/稲元民夫/高野洋志 B5判 並製 278頁
「アニマルサイエンス」時代を迎えた畜産新時代を学ぶために書かれた学生・研究者必携の書。関連する表169点、図20点を本文中に組み入れ「アニマルサイエンス」の慨念をわかりやすく解説しているため、畜産学、獣医学教育の教科書・副読本としても活用可能な一冊。(原書:Handbook of Animal Science 1991年発行、米国・Academic Press lnc.,)
主要目次:第1章 動物科学の歴史と背景/第2章 動物の育種と遺伝/第3章 統計/第4章 衛生/第5章 生産/第6章 生産物/利用/第7章 動物産業の将来

81 アニマルバイオテクノロジー \4,893
編集:関崎勉/小松正憲/杉本千尋/松浦善治 A4判 並製235頁
獣医・畜産分野においてもバイオテクノロジーなしでは語れぬ時代がやって来ました。初めてバイテクを学ぶ方、バイテクヘの理解をさらに深めたい方々に分子生物学の基礎からその実験技術まで、さらに診断技術への応用を細菌ウイルス・寄生虫・畜産分野別に第一線の研究者38名がわかりやすく、丁寧に解説しています。

82 家畜臨床寄生虫アトラス \5,607
著者:平詔亨/藤崎幸蔵/安藤義路 B5変型判 2分冊 函入れ
多くの臨床獣医師は、しばしば寄生虫の分類同定をしなければならない症例に遭遇するが、実際に正しく同定するとなると困難な場合が多い。この「家畜臨床寄生虫アトラス」は、長年にわたって臨床獣医師から送られてきた病性鑑定材料を中心に、寄生虫の分類学的体系に準じてまとめたものである。主要目次(?解説編、?カラーアトラス編(表示のないものは?に解説、?に写真があります)内部寄生虫(蠕虫)(平詔亨)/検査法?牛と豚の糞便内寄生虫卵?1.吸虫類 2.条虫類 3.線虫類 4.ハリガネムシ類(鉄線虫類) 5鉤頭虫類寄生性節足動物(藤崎幸蔵)検査法? 1.双翅目 2.シラミ目 3.ハジラミ目 4.ノミ目? 5.カメムシ目? 6.その他の昆虫類? 7.後気門亜目 8.中気門亜目 9.無気門亜目 10.前気門類家畜疾病に関わる寄生虫写真の撮り方(安藤義路)

83 カラーアトラス獣医組織学 \18,900
著者:William J. Bacha, Jr / Linda M. Wood. 監訳:月瀬東(日本大学)/林良博(東京大学)
A4変型判 292頁 上製本
動物のからだの組織構造は、その器官の種類によってはもちろんのこと、部位によっても多くの組織が認められ、大、中、小家畜や家禽の複雑多岐にわたる組織構造について学ぶ初学者はもちろん、これらをより汎く、また深く理解しようとする研究者や臨床家にとって、様々な動物の多種多様な組織構造を図譜により系統立てて解説した専門書は、きわめて有用性の高いものである。本書は、多くの美しい写真に解説を加えた、きわめて優れた獣医組織学のカラーアトラスである。

84 馬の医学書 \6,090
編集:日本中央競馬会競走馬総合研究所 A4判 412頁 上製本
日本中央競馬会競走馬総合研究所のスタツフが総力在あげて作った、馬のすべてがわかる本がついに完成!馬の起源から解剖、最遁な飼養方法、そして注意すべき病気までがわかる、今までになかった馬関係者必携の書。
主要目次:第1章 馬を知ろう(歴史と分類/感覚機能および学習能力/行動/馬体の名称と外貌/成長)/第2章 馬体の構造と機能(骨/関節/筋肉と腱/蹄/血液・循環器系/呼吸器系消化器系/泌尿器系/感覚器系/神系/内分泌系/免疫系/生殖器系/発生と遺伝)
第3章 飼養管理(概論/消化器官/必要な栄養素/飼料/飼料給与方法日常管理/厩舎と環境/衛生対策)第4章 病気(病気の概論/よくある病気/症状で知る主な体の異常の見分け方)第5章 (馬に関する)最近の話題(問題になっている病気/新しい医療技術/社会福祉/生命倫理/医療情報システム)

85 日本の哺乳類 改訂版 \6,825
Guide to the Mammals of Japan
監修 阿部永 
著者 阿部永・石井信夫・伊藤徹魯・金子之史・前田喜四雄・三浦慎悟・米田政明
編集制作 財団法人自然環境研究センター 
名前がわからなければ、何も始まらない。/正確な情報がそれに肉付けされて実態が浮かび上がる。/すべてを備えた真の図鑑が本書。/写真集として扱うべき類書の多い昨今、/研究者たちによる本物の刊行は素晴らしい。(財)自然環境研究センター 研究主幹 千石正一
目次/Contents:食虫目(モグラ目)/lNSECTlVORA/翼手目(コウモリ目)/CHIROPTERA/霊長目(サル目)/PRIMATES/食肉目(ネコ目)/CARNIVORA/偶蹄目(ウシ目)/ARTlODACTYLA/齧歯目(ネズミ目)/RODENTlA/兎目(ウサギ目)/LAGOMORPHA/日本の哺乳類相/Mammal fauna of Japan食虫類の生活型/Life type of insectivores/コウモリ類のくらし/鰭脚類とは/What are the pinnipeds?/齧歯目とは/Order Rodentia/日本産小型哺乳類 検索表/Key to the Small Mammal Species of Japan:B5上製/224頁

86 脊椎動物の発生 全2巻 上巻\25,000
岡田節人(生命誌研究館長 理博)編 
近年、発生生物学は、細胞組織の培養技術やバイオテクノロジーの発展により、特に分子的な面を中心に飛躍的な進歩をとげている。本書は、こうした現状をふまえ、『脊椎動物発生学』(久米又三編)の構成を踏襲しながら全面的に記述を新たにし、今日にふさわしい基礎発生生物学の参考書として集大成をはかったものである。執筆者には日本のトップクラスの発生生物学の研究者があたり、我が国における研究を中心に、正常発生の基礎事項から最新の研究成果までを豊富な図・写真を用いてわかりやすく解説している。発生実験に欠かせない種を網羅し、ヒトを含めた脊椎動物の初期発生から器官発生までを詳説してあるので、理系の生物学研究者のみならず医薬学系・農学系の研究者にとっても大変有用な発生生物学書の決定版である。主要目次 上巻<総論>1.序論(渡辺一雄・岡田節人)2.受精(岩松鷹司)3.卵割から嚢胚形成までA.細胞生物学的側面から(佐藤矩行) B.分子的変化の面から(塩川光一郎)4.神経胚 (藤田哲也)5.脊椎動物の原型としての尾索類 (高橋国太郎)6.脊椎動物の原型としての頭索類(江口吾朗)<各論第一部(初期発生)>1.円口類(田原胖)2.魚類(佐藤矩行・影山哲男) 3.両生類(佐藤矩行・久保田洋)4.爬虫類(藤本十四秋・宮山幸彦)5.鳥類(水野丈夫)6.哺乳類(保田叔昭・藤本十四秋) B5判・上巻496頁・下巻・続刊

87 世界遺産をシカが喰う シカと森の生態学  \2,520
湯本貴和・松田裕之 編
A5判 224頁 2006

88 脊椎動物の起源 \5,400
H.ジー著/藤沢弘介(埼玉大学教授 理博)訳 系統分類学・系統進化学は、古くから存在する研究課題で、最近までは陳腐な分野と見なされていた。しかし、分子生物学の発展によってリニューアルされ、再び活発な学問として注目されている。本書は、脊椎動物に進化するやや前の段階にあたるとされている脊索動物・半索動物・棘皮動物の動物群を対象として、現在認められている通説がどのような歴史的背景をもとに確立していったかを解説する。そのうえで現在の分子レベルの技術によって明らかにされた、形態、発生過程、遺伝子の配列などのより詳細な知見や、古生物学上の新たな発見、および新しい分類学の手法などをもとに先の通説と比較・検証し、これらを組み合わせることによって脊椎動物の誕生のより可能性の高い道筋を説き明かすことをねらいとしている。(原著:H.Gee, Before the Backbone=Views of the origin of the vertebrates):A5判・368頁

88 中国サル学紀行  ―黄山に暮らす―
和田一雄 著
A5変型判 227頁 定価2625円(本体2500円) '96.7
サルの観察と中国農村の生活を記録したサイエンスエッセー。日本の霊長類研究は60年代、アジア、アフリカヘと拡大した。その中で著者は中国でニホンザルの近縁種を調査してきた。念願の日中共同研究を目指し、現地での生活交流を深めた。これは中国社会と人々の物語。ヒト+サル学ともいえる体験録である。

89 獣たちの森 〔日本の森林 / 多様性の生物学 第3巻〕
大井徹 著A5判 256頁 定価3360円(本体3200円) '04.l0
本書は、日本の哺乳類相の特徴を多様な日本の森林の実態、地史、植生史との関係から解説する。その上で、哺乳類が森林をどのように利用し、また、森林生態系の要素としてどのように機能しているかなど、哺乳類の生態について最新の知見とともに紹介しながら進化の観点から検討する。

90 マンモスはなぜ絶滅したか 
ヴェレシチャーギン 著 金光不二夫 訳:B6判236頁定価1575円(本体1500円) '81.7
マンモスはなぜ突然絶滅したのか。ロシア平原で研究をつづける著者が自らの体験談を復元図と共に明示。大陸や海の資源の大規模な開発が進む一方、地球上から多くの動植物を失いつつある折、自然保護の運動についてのヒントを与える。今日的話題も含むマンモスすべて。

91 動物生態の観察と研究
水野寿彦 編A5判 368頁 定価2625円) '78.4 
野外で動物を対象として生態観察を行なう場合、そのための正しい視点をもち適当な訓練がなされれば、複雑な生態も解きほぐすことは容易である。代表的地域の普通種を例にとって、観察法や指導の要点を述べてある。学校教育における生徒の自由研究の手引書。

92 動物生理学
前北大 菅野富夫・農工大 田谷一善編 ISBN4-254-46024-4.488頁 2003 定価15,750円
国内の第一線の研究者による,はじめての本格的な動物生理学のテキスト。内容:細胞の構造と機能/比較生理学/腎臓と体液/神経細胞と筋細胞/血液循環と心臓血管系/呼吸/消化・吸収と代謝/内分泌・乳分泌と生殖機能/神経系の機能

93 ニホンザルによる農作物被害と保護管理ニホンザル管理のためのワーキンクグループ・渡邊邦夫 著A5判 120頁 定価1575円(本体1500円) '00.8
全国のニホンザル研究者、NGO、行政関係者からなるニホンザル保護管理のためのワーキンググループは、東日本の野生ニホンザルの個体群を調査し、保護していく上での問題点を整理し発表した。本書は、発表された内容をまとめなおし、ニホンザル保護管理に関する最新の考え方を披露する。地球環境基金助成図書。

94 ニホンザルの自然誌 ―その生態的多様性と保全―
大井徹・増井憲一 編著A5判 392頁 定価7980円(本体7600円) '02.3
ニホンザルの生息環境の多様性に着目し、環境適応を中心とした生態学的な研究成果を基盤として、種としての実像を描き出す。また、生態や生息環境、そしてサルに対する態度の変容をたどることにより、現代日本の自然の有様を描き、21世紀に向けて日本人がなすべきことについての考察を深める。

95 日本の哺乳類―A Pictorial Guide to the Mammals of Japan―
阿部永 監修B5変型判 198頁 定価3990円(本体3800円) '95.12
財団法人自然環境研究センター編集
モグラ、コウモリ、サル、ウサギ、ネズミ、ネコ、アザラシ、ウシ目など日本に生息する138種の哺乳類を、それぞれの分野の専門家によって、最新の知見と情報を盛り込みながら、214枚のカラープレートによって紹介する。

96 日本産土壌動物 ―分類のための図解検索―
青木淳一 編著B5判 1120頁 定価26250円(本体25000円) '99.2
わが国第一線の土壌動物の専門家39名と1研究会が分担執筆する。日本の土壌動物のほぼ全群を収録(原生動物・脊椎動物を除く)。ほとんどの群が属あるいは種での同定が可能。また,文章ではなく、わかりやすい部分図および全形図によって検索するため、初心者や外国人にも利用が可能である図解検索図鑑。

97 人とサルの社会史
三戸幸久・渡邊邦夫 著A5判 252頁 定価3360円(本体3200円) '99.4
日本人に最もなじみの深い動物「ニホンザル」に注目し、人とサルの長い交際の歴史を、古文書をひも解きながらモンキーウォッチングとマンウォッチングの原型を探る。また、現代まで続く因縁の宿題「猿害」を分析、共生を模索する。

Mammal Species of the World. 2 Vol.set. 3rd Edition. \20,000
A Taxonomic and Geographic Reference. by D. E. Wilson. 2,000p. 2005.
世界の哺乳動物種:分類学および地理学の参考書 第3版 全2巻セット
現在生存している世界の哺乳動物5,400種以上の分類と分布に関する古典的な参考書。項目ごとに簡潔に形式の場所、分布、同義語等の情報をまとめ、系統配列順および科レベルで進化の関係を示す。特に研究者にとって必須の参考書として評判が高い。

Advances in Ecological Research. by R. A. Desharnais. 372p. 2005. \23,880
Volume 37. Population Dynamics and Laboratory Ecology.
生態研究における進歩 第37巻:個体群動態学と実験生態学編
1930年代の個体群動態の初期実験研究の役割は当初疑問視され、小宇宙での生態実験に異論があって1990年代まで続く。研究目的が生態系でなく小宇宙になるという誤まった認識である。このような緊張の中で近年には標記の研究が大いに進んだ。その最新知見を纏める。

Atlas of Amphibians and Reptiles in Europe. By J-P. Gasc. 516p. 2004. \11,000
ヨーロッパの両生類と爬虫類図鑑 1997年版の複刻版。

Animal Biothics. Principles and Teaching Methods. \12,870
by M. Marie. 350p. 2005.
動物の生物倫理
動物繁殖や動物の取扱いに関わるわれわれの倫理的関心は高まっている。そこでたヨーロッパの著者31人がこれらの問題を歴史、哲学、宗教、文化の面およびその実施面を深く解析し、19章に別けて論述。後半では教育の枠組みの中で目標、戦略、方法を論じた。獣医学、農学、科学専攻学生や教師に有用な最新参考書。

Animal Architecture. (Oxford Animal Biology). (H)\18,000 (P)\9,750
by M. Hansell. 322p. 2005.
動物建築学
エディンバラ王室学会のNeill賞を受賞した著者が、動物は何故棲家や罠を構築するのか、単純な動物が単独または集団で複合構造物を構築する手腕、構築動物が生態系にどのような影響を与えるか等を検討。多数の図および暈し絵を含む。オクスフォード動物生物学に属する学術書。ハードカバー版とペーパーバック版の別あり。

Amphibians and Reptiles of Costa Rica: A Herpetofauna    (P)\7,600
Between Two Continents, Between Two Seas. by J. M. Savage. 934p. 2005.
コスタリカの両生類と爬虫類:2大陸と2つの海間の爬虫類動物
標記の生物多様性と保護システムのモデル国は、両生類と爬虫類の宝庫で、40年の研究暦を持つ著者が同国の自然史と文化史に続き、396種について種毎に解剖学、行動、地理的分布、分類、進化の詳細をまとめ、識別キーを明示。カラー図譜396葉、線図335枚、表36枚、参考文献、用語、引用文献、系統・主題別索引付き。

Behavioral Flexibility in Primates. by C. B. Jones.184p. 2005. \22,880
Causes & Consequences. Series:Developments in Primatology:Progress & Prospects.
霊長目における行動柔軟性:原因と結果
霊長目の行動柔軟性を対象に霊長類学と他の進化科学の概念統一を図るが、グループによって表現型柔軟性に大差があって行動は多様である。そこで生存、繁殖成功および表現型の影響の最適化と関連付けて霊長類の行動生態学と行動柔軟性を探究し、表現型の進化が食物獲得競争や利害対立の遺伝子的競合の低減に働くこと等を解明。図18枚。

Changing Role of the Embryo in Evolutionary Thought: \13,600
Roots of Evo-Devo.(Cambridge Studies in Philosophy and Biology)
by R. Amundson. 296p. 2005.
進化論的発達生物学の視点から見た進化論思想史の役割変化
進化と発達の関係に関する200年前の科学的見解を進化発達生物学の視点から検討。19世紀進化論思想史から説き起こし、発達がいかに進化論的総合と無関係になったかを調査。進化論思想史は多くの初期研究者が進化論統合から直接歴史を引き出したと主張する一般的見方に挑戦して改訂。主流進化論と進化論的発達生物学と対比検討して結ぶ。

Colour Handbook of Small Animal Emergency and Critical Care \15,000
Medicine. by E. Rozanski. 320p. 2006.
小動物の危急看護医学の色彩ハンドブック
緊急医学の総覧、心臓の応急手当、呼吸不全、神経系、胃腸器官、血液、腎臓、新陳代謝、環境、生殖に関して、それぞれの緊急事態、支援看護と世話について忙しい獣医師向けに瀕死の状態にある小動物の迅速な処置のために部位別に利用し易く編集。カラーおよび白黒図203枚、表65枚を含む。

Cooperation in Primates and Humans. Machanisms and Evolution. \23,000
by P. M. Kappeler. 347p. 2006.
霊長類と人間における協力:メカニズムと進化
協力行動はダーウインの頃から進化論の謎の一つであった。霊長類および人間における協力行動の多くの諸局面を権威ある専門家が検討し、協力の理論的、経験的研究成果を要約。この比較手法では協力行動における共通の原理と人間特有の面に重点を置く。行動科学の研究者に特に興味深い最新学術書。

Diseases of Swine CD-Rom. 9th Edition. by B. Straw. 2005. \28,700
ブタの病気 第9版(CD-ROM版)
診断と序論、免疫系、消化器、乳腺、授乳問題、神経・移動系、生殖器、呼吸器、皮膚、泌尿器の各病気を述べ、実験結果の解釈、病気の示差診断、アデノウイルス、アフリカブタ熱と在来ブタ熱、BVD、サイトメガロウイルス、EMCウイルス、日本脳炎と西ナイルのウイルス等22章に別けて記述。図、白黒写真275枚とカラー画像数枚を添える。

Ear, Nose, Throat and Tracheobronchial Diseases in Dogs and Cats. \21,300
by A. V. V. Haagen. 240p. 2005.
イヌとネコの耳、鼻、喉および気管の病気
標記部位に通常および稀に見られる病気を6章に別けて総覧した初のテキストで、機能上の考慮点、病因論、臨床的兆候、診断および標記器官系の疾患不全のキー情報を呈示。関連の診断および画像技術を詳細に記述し、病気や障害の特徴を解明する補足手段として約180枚の上質のイラストを添える。

Essays in Animal Behaviour. Celebrating 50 Years of Animal Behaviour. \6,300
by J. R. Lucas. 551p. 2005.
動物行動に関する小論集
動物行動の出版50年記念集。過去と将来の動物行動学の形成に寄与する行動学者が動物行動研究の歴史、近似のメカニズム、発達、適応、動物福祉を中心課題として、それぞれの専門分野から寄せられた様々な論文20件を収録。フルカラーイラスト30枚を含む。

Hormones and Animal Social Behavior. (H)\12,800 (P)\7,290
by E. Adkins-Regan. 416p. 2005.
ホルモンと動物の社会的行動
動物の社会的行動とホルモンの適合機能との関係を説く専攻学生および教師向けテキスト。概念と原理を強調し、仮説をテストし、未解決の問題に批判的思考を凝らし、今後の研究への思索源を提供。ホルモンと行動の個別的な社会的関係とシステム、進化への展開、生活史、行動進化、長期的進化を多様な野生脊椎動物および家畜について論述。

Infectious Diseases of the Dog and Cat. 3rd ed. by C. Greene. 856p. 2005. \24,580
イヌとネコの伝染病 第3版
標記の診断と治療の最新知見による改訂版。ウイルスとリケッチア感染の診断、抗ウイルスと免疫化学療法、イヌのデイステンパ、ウイルス性腸炎、ネコの呼吸器病、ポックスウイルス感染、クラミデイア感染、嫌気性感染、真菌と藻感染、バベシア病等の病原別、部位別感染症の診断治療や予防管理を含む100項目を記述し、図400枚を挿入。

Impact of Ecological Changes on Tropical Animal Health and Disease \29,000
Control. Annals of the New York Academy of Sciences. Vol.1026.
by B. H. Bokma. 327p. 2004.
熱帯動物の健康と病気抑制に及ぼす生態変化の影響
生態系の健康、それが熱帯動物の健康に及ぼす作用、病因の宿主境界に影響する素因、  
熱帯動物の健康の趨勢、足と口の病気、病気管理または病気の脅威解消のためのゲノム論およびワクチンの利用、畜産への影響等熱帯獣医学関係の主題を論述。

Laboratory Primate. by S. W-Coote. 650p.2005. \32,000
A Volume in the Handbook of Experimental Animals Series.
実験霊長類: 実験動物ハンドブックシリーズ。
実験に利用される一般的霊長類の過去と現在の生医学研究、飼育、栄養要件、行動、繁殖の詳細を記述し、豊富な図や図譜を添える。他の書籍には記載されていない実用的な規制要件も掲載。実験モデル編はAIDS、癌、神経生物学、遺伝療法、支援繁殖技術、組織類型化、伝染病・ワクチン研究等を含む。

Muscular System of Vertebrates. by S. M. Kisia. 126p. 2005. \8,800
Series: Biological Systems in Vertebrates.
脊椎動物の筋肉系
様々な筋肉の進化と発達、各種のタイプ、その形態組織と生理学を含む脊椎動物の筋肉系の理解に関係する主要テーマを論述し、獣医学、医学、動物学、農学、生態学、その他関係分野の学生に提供する有用な最新参考書。

New Perspectives in the Study of Mesoamerican Primates. \21,000
Distribution, Ecology, Behavior, and Conservation. by P. A. Garber. 710p. 2005.
中米の霊長類研究の新しい展望:分布、生態、行動および保護
標記地方の霊長類の分布、生態、行動、保護の最新状況を総括し、地理的区分と種を確認のうえ、今後の研究と早急な保護活動の実行に不足している基本的生態、行動、人口学、現在の分布、地域の保護状態を把握することを目的に、進化生物学、生物学的人類学、保護から導かれた野外データと理論的見通しを統合。図165枚を含む。

Nuclear Import and Export in Plants and Animals. \21,880
Series: Molecular Biology Intelligence Unit. by T. Tzfira. 229p. 2005.
動植物における核の移出入
顕著な核の移出入メカニズムを洞察し、核の中空構造から動植物細胞中の巨大分子の核移出入までの一連の主題を扱い、植物の遺伝子組替中のアグロバクテリウム属T-DNA核の移入、動物ウイルスの核移出入、外来DNAの核取り込みの事例を記述し、最後に核移動の研究調査方法を記述。

Snakes of India. The Field Guide. by R. Whitaker. 481p. 2004. \10,190
インドのヘビ:野外手引書
インドで遭遇するヘビ270種中の157種に関するフィールドガイド。種別の生理、生態、行動、脱皮、博物誌、地理的分布、外観の類似性を太っているか、痩せているか、のろいか速いか、水中、樹の上、地下の生息か、活動は昼か夜か等で記述。同定の簡単な手引きとして豊富なカラー写真を添付。近隣諸国のヘビにも適用可。

Snakes, Lizards and Frogs of the Victorian Mallee. \3,890
by M. Swan. 104p. 2005.
Victorian Malleeのヘビ、トカゲおよびカエル
表記地方は一貫して高温、少雨を経験しており、他州に比べてはるかに多様な爬虫類が生息している。爬虫類56種のほか、周辺の河川や森林に棲む24種を併せて取り上げ、カラー写真、分布地図、診断的特徴、種ごとの記述により種の同定を可能にする。毒蛇を論じ、噛まれた場合の応急手当、住宅の周囲でヘビを防ぐヒントも記載。

Tiger Bone and Rhino Horn. by R. Ellis. 320p.2005 \6,480
The Destruction of Wildlife for Traditional Chinese Medicine.
トラの骨とサイの角:漢方薬のための野生動物破壊
アジアの一部では経済ブームと冨の成長で強壮剤と見られるトラの骨と同様、サイが角を目当てに密猟されている。アジアで危機に瀕する種の取引抑制に役立てようと取引の実態を暴露し、伝統的な漢方薬は圧倒的にハーブと植物に依存しているとしながらも、大型動物種の猟による生息地縮小で最悪の状態になっていることに警告を発する。

What Animals Want: Expertise and Advocacy in Laboratory Animal \4,790
Welfare Policy. by L. Carbone. 300p. 2004.
動物は何を望むか。実験動物の福祉政策における検証と擁護
動物は何を望んでいるか、動物実験における生命、動物の福祉、ラットは豚である(種の意義)、性能基準、ケンタウルスと科学、苦痛の問題、動物の擁護、斬首による死の事例研究、イヌの散歩者とサルの心理学者および将来展望に別けて動物の権利について妥当で人間的な斬新な視点から諸問題を論及。


Amphibian Biology-Volume 6. Endocrinology. Vol.6 \18,200
by H. Heatwole. 394p. 2005.
両生類の生物学 第6巻:内分泌学編

Mammals of the Southern African Sub-region. 3rd ed. \44,000
by R.H.N.Smithers. 2005
南部アフリカ諸地域の哺乳動物 第3版 全面改訂)

Neural Networks and Animal Behavior. By Enquist, Magnus.256p.2005 \15,500
Monographs n Behavior and Ecology
動物行動の解明への神経ネットワーク理論の適用

Advances in Ecological Research, Volume 37. \22,790
by R. Desharnais. 352p. July 2005.
生態研究における進歩 第37巻:個体群動態学と実験生態学編
                                        
Amphibian Medicine and Captive Husbandry. \24,000
by Wright Kevin M. 570p. 2001.
両生類の医学と捕獲飼育

Biomedical and Surgical Aspects of Captive Reptile Husbandry. 2nd ed. 2 vols. \28,000
by D.F.L. Frye. 712p. 1991.
捕獲爬虫類の飼育における生医学的および外科的諸局面 第2版、全2巻セット

Biology, Husbandry, and Medicine of the Green Iguana. \7,800
by Jacobson Elliot R. 218p. 2003.
グリーンイグアナの生物学、養育および医学

Evolution of Animal Communication : Reliability and (H)\14,100 (P)\6,400
Deception in Signaling Systems (Monographs in Behavior and Ecology)
by W. A. Searcy. 282p. 2005.
動物のコミュニケーションの進化:信号システムにおける信頼性と期待はずれ

Giant Pandas : Biology, Veterinary Medicine and Management. 概価\18,000
by D. Wildt. 510p. Jan.2006.
オオパンダ:生物学、獣医学および管理

Galapagos Islands Explorer. by N. Sitwell. July 2005 \4,790
ガラパゴス諸島の探検家

Dictionary of Water and Waste Management, 2e. \9,500
by P. G. Smith. 480p. August.2005.
水および排出物管理辞典 第2版

Guide to Lizards?CD ROM. \6,760
by W. Michael. 1999.
トカゲの案内書:CD-ROM 版

Guide to Snakes?CD ROM. \6,760
by W. Michael. 2000.
ヘビ案内書:CD-ROM 版

Handbook of Environmental Chemistry. Water Pollution. \29,440
Environmental Effects of Marine Finfish Aquaculture.
by O. Hutzinger. 450p. 2005.
環境化学ハンドブック:水質汚濁編

Handbook of Environmental Chemistry. Air Pollution. \26,500
Air Quality in Airplane Cabins and Similar Enclosed Spaces.
by O. Hutzinger. 254p. 2005.
環境化学ハンドブック:大気汚染編

Hormones and Animal Social Behavior.(Monographs in (H)\13,200 (P)\6,500
Behavior and Ecology) by E. A-Regan. 416p.2005.
ホルモンと動物の社会的行動

Incubation of Reptile Eggs. \6,540
by G. Kohler. 214p. Orig.German Ed. 1997. English Ed. 2005.
爬虫類の卵の孵化

Lost Wolves of Japan. (Weyerhaeuser Environmental Books) \5,600
by B. L. Walker. 360p. July.2005.
失われた日本のオオカミ

Microstructure of Dinosaur Bone: Deciphering Biology with Fine-scale \13,600
Techniques. by A. C-Turan. 216p.2005
恐竜の骨の微細構造:ミクロ技術による解読生物学

Mouse in Animal Genetics and Breeding Research. \12,300
by E. J. Eisen. 376p. Jun.2005.
動物遺伝学と品種改良におけるマウス

Muscular System of Vertebrates. \8、800
by S. M. Kisia. 126p. August 2005.
脊椎動物の筋肉系

Neural Networks and Animal Behavior.(Monographs in (H)\14,800 (P)\6,500
Behavior and Ecology) by M. Enquist. 256p. 2005.
神経回路と動物の行動

Raffles Bulletin of Zoology. Supplement No.13. \11,000
An International Journal of Southeast Asian Zoology. Southeast Asian Freshwater
Fish Diversity. by M. Kottelat. 208p. July 2005.
Raffles動物学紀要 補足編第13号

Ratite Management, Medicine, and Surgery. \6,760
by T. Jr. Thomas. N. 214p. 1996.
商用走鳥類の管理、医学および外科手術

Renal Structure and Function in Vertebrates. \15,000
by H. Ditrich. 172p. 2005.
脊椎動物における腎構造と機能

Restoration of Aquatic Systems. \19,190
Volume 29 in the Marine Science Series. by R. J. Livingston. 296p. July 2005.
水系の回復

Treatise on Invertebrate Paleontology. Porifera(revised).Vol.3. \28,160
by R. L. Kaesler. 2004.
無脊椎動物の古生物学論集:海綿動物門編 改訂版 第3巻

Trends in Air Pollution Research. by J. V. Livingston. Apr.2006 \20,000
大気汚染研究の動向

Trends in Water Pollution Research. \20,000
by J. V. Livingston. 2005
水質汚染研究の動向

Tree-kangaroos of Australia and New Guinea. \4,780
Australian Natural History Series.
by R. Martin. 168p. June 2005.
オーストリアとニュージランドのキノボリカンガルー 

Venomous Snakes of the World. \4,720
by M. O’Shea. 144p. 2005.
世界の毒ヘビ

Venomous and Poisonous Animals. \19,000
A Handbook for Biologists, Toxicologists and Toxinologists,
Physicians and Pharmacists. by D. Mebs. 360p. 2002.
有毒動物と危険動物

Wildlife Habitat Management of Forestlands, Rangelands, and \15,760
Farmlands. by Payne Neil F. 868p. Orig. Ed. 1994. Reprint Ed. 1998.
放牧地、森林地および耕地の野生動物生息地の管理  

Wildlife Habitat Management-2 Vol. Set. \21,240
by Payne Neil F. 1,440p. 1998.
野生動物の生息地管理 2巻セット

Walker’s Marsupials of the World.         (H)\7,20 (P)\3,670    
by R. M. Nowak. 232p. Sept.2005.
Walker版世界の有袋目哺乳動物

Handbook of Food Analysis. 2nd ed. In 3 Vols. by Leo M.L.Nallett.2296p.2005     \129,600
食品分析便覧 弟2版 全3巻

Encyclopedia of Animal Behavior. I3 Vols. by Marc Bekoff. 2005 \57,000
動物行動学百科事典 全3巻

Adaptive Motion of Animals and Machines. by H.Kimura.280p.2005 \15,990
動物と機械の適応運動

Amphibians of Western China (Fieldiana). by C. Liu. 400p. 1950. 古書\37,000
中国西部の両生類(Fieldiana)

Amphibians and Reptiles of New Mexico. \6,390
by W. G. Degenhardt. 507p. 2005
ニューメキシコ洲の両生類と爬虫類

Animals and Environments. by S. Morris. 392p. 2005. \30,880
動物と環境

Animal Cell Technology Meets Genomics. \50,000
Proceedings of the 18th ESACT Meeting. Granada, Spain, May 11-14,2003.
by F. Godia. 813p. 2005.
ゲノム学に適応する動物細胞テクノロジー
Antipredator Defences in Birds and Mammals. (Interspecific \15,860
Interactions) by T. Caro 592p. Aug.2005
鳥と哺乳動物における捕食者からの防御

Artemia Biology. by R. A. Browne. 384p. 1990 \57,500
ブラインシュリンプの生物学

Atlas of Early Zebrafish Brain Development. \23,880
A Tool for Molecular Neurogenetics. by T. Mueller. August.2005.
ゼブラフィッシュの脳の初期発達図

Bioloby of Gila Monsters and Beaded Lizards (Organisms and \7,990
Environments, 9) by D. D. Beck. 240p. May. 2005.
アメリカドクトカゲとメキシコドクトカゲの生物学

Biostratigraphy. Microfossils and Geological Time. \14,310
by B. McGowran. September 2005.
生層位学:微小化石と地質時代

Carnivorous Dinosaurs. by K.Carpenter 352p. 2005 \7,990
肉食恐竜

Carrots and Sticks: Principles of Animal Training. \9,540
by P. McGreevy. 300p. June 2005.
人参と杖:動物訓練の原則

Chemical Signals in Vertebrates 10. by R. Mason. 440p. 2005 \30,990
脊椎動物における化学シグナル 10

Clinical Anatomy and Physiology of Exotic Species. \15,900
Structure and function of mammals, birds, reptiles and amphibians.
by B. O’Malley. 320p. 2005.
外来種の臨床解剖学と生理学

Conservation of Primates in Vietnam. by T. Nadler. 174p. 2004. \4,490
ベトナムにおける霊長目の動物保護

Development of Vertebrates Sensory Organs. \6,000
15th Annual Karger Workshop, New Orleans, La., 2003.
by R. G. Northcutt. 86p. 2004.
脊椎動物の感覚器官の発達

Dictionary of Animal Names in Five Languages. \11,800
Amphibians and Reptiles. by V E. Sokolov. 553p. 1988
動物名5カ国語辞典:両生類および爬虫類編

Early Cretaceous Ammonites from Colombia. \31,000
by S. K. Donovan. 558p. 2004.
コロンビアから出土した白亜紀初期のアンモナイト
報告7件を収録。カラー口絵、多数の図および白黒図譜213枚を添える。

Echinodermata. by V.Matranga. 270p..2005 \25,900
棘皮動物門

Elsevier’s Dictionary of Automation Technics. \28,000
in English, German, French and Russian. by B. Zhelyazova. 1,008p. June 2005.
エルゼビア版オートメーション技術用語集

Elsevier’s Dictionary of Herpetological and Related Terminology. \14,900
by D. C. Wareham. 240p. February 2005.
エルゼビア版爬虫類関係用語集

Elsevier’s Dictionary of Technical Abbreviations. English-Russian. \34,400
by M. Rosenberg. 1,184p. March 2005.
エルゼビア版英露技術略語辞典

Elsevier’s Dictionary of Trees. Volume 1: North America. \35,200
by M. M. Grandtner. 1,532p. May 2005.
エルゼビア版樹木辞典 第1巻:北米編

Encyclopedia of Toxicology, Four-Volume Set, 1-4. (2nd ed) (概価) \127,000
By P.Wexler 1800p.2005
毒物学百科事典 第2版 全4巻セット.

Experimentation with Animal Models in Space. \27,740
(Advances in Space Biology and Medicine, Volume 10.)
by G. Sonnenfeld. May 2005.
宇宙における動物モデルの実験

Feline Orthopaedics. by H. Scott. 384p. May 2005. \28,500
ネコの整形外科

Fossil Invertebrates. by P. D. Taylor. 208p. June 2005. \10,490
化石無脊椎動物

Handbook of Laboratory Animal Science, Second Edition: \15,990
Animal Models, Volume ?. by J. Hau. 320p. 2004.
実験動物科学ハンドブック 第2版 第3巻:動物モデル編

Kangaroos, Wallabies and Ratkangaroos. by G. Grigg. 835p. 1989,1993. \24,800
カンガルー、ワラビーおよびネズミカンガルー 全2巻セット

Laboratory Textbook of Anatomy and Physiology: \12,790
Cat Version. 8th ed. by A. B. Donnersberger. 540p. 2005.
解剖学と生理学の実験テキスト:CAT版 第8版

Life of Marsupials. by H. Tyndale-Biscoe. 464p. May. 2005. \11,690
有袋目哺乳類の生活

Linear Models for the Prediction of Animal Breeding Values, 2nd ed. \13,500
by R. Mrode. 368p. June.2005.
動物繁殖の価値予測線形モデル 第2版




表示価格には消費税は含まれておりません。消費税は別途お願いしております。
表示価格は版元の予告に基づきますので原価・為替の変動により価格が変わる場合が
ありますのでご了解下さい。又、出版社の都合により、出版及び入荷が
予定より遅れる場合がありますので、ご了承の程お願い申し上げます。

ページTOPへ